FC2ブログ

▼日々喜怒哀楽▲

近建築設計室のメインブログです。 最近気になっていること、喜怒哀楽して伝えたいこと等ジャンルを問わずUPします!

ゴマアレルギー?

Posted by KON  on   0  0

今朝起きると、手足の指が小さい虫に刺された様にとても痒かった。

なんだろう?と思いつつ手足をさすりながら食事をし、バイクに乗って現場に出掛けた。

途中、今度は脇の下が痒くなって来た。

見るとちっちゃな発疹が見られる。

虫には刺されていないし、しかも両方の腕…。

『まてよ?』 両方共同じ様になるということは蕁麻疹か?

いままで蕁麻疹なんてなったことなかったんじゃないだろうか?

これが蕁麻疹ってヤツか…なるほど痒いな…。

現場に着くと脇の下はミミズ腫れみたいになってしまっている。

腕も痒い、ポツッポツッと小さな発疹が現れて来た。

足も背中もそういや痒いな…。

その後、症状は2時間も経たずに治まったからいいけど、何が原因だろう?

『何か普段食べない物を食べたかな~?』 等と考えてみたら、昨日の夜に 『ゴマせんべい』 をたくさん食べたことを思い出した。

ひょっとしたら、『ゴマアレルギー』 があるのかもしれません…。

今後、ちょっと気をつけてみようと思います。

※ちょっと調べてみたら、ゴマアレルギーってありましたね。

ゴマアレルギー患者が急増

ゴマアレルギーの発生頻度が世界中で増加傾向にあり、重大な問題となっていることが、新たな研究報告で明らかにされた。米ミシガン州立大学の研究者らによれば、1950年に米国で初めて報告されて以来、ゴマに対する過敏症の報告件数が有意に増大したという。アレルギー関連誌「Annals of Allergy, Asthma & Immunology」7月号に掲載された。

 オーストラリアの小児では、ゴマはアレルギー反応の原因食物の第4位であり、イスラエルの小児では同じく第3位である。パン職人にはゴマに起因する職業性アレルギーが報告されており、注入剤、軟膏および化粧品類に含まれるゴマ油がアレルギー性接触皮膚炎を引き起こすことが報告されている。

 食物、薬剤および化粧品類にゴマの実およびゴマ油が多用されるようになってきているが、ゴマアレルギーに関する研究は少なく、ほとんど認識されていない。

 食物アレルギー全般の症状には、口内のピリピリ感、舌および喉の腫脹、呼吸困難、蕁麻疹(じんましん)、嘔吐、腹部痙攣(けいれん)、下痢、血圧低下、意識喪失のほか、致死性のものもある。症状が発生するのは、アレルギーを引き起こす食物を摂取してから数分から2時間以内が典型的である。

(HealthDayNews 7月22日)

KON 

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://konarch.blog4.fc2.com/tb.php/730-97668968
該当の記事は見つかりませんでした。