FC2ブログ

くるみ割り人形

【解説】
怖い顔をした王様や兵隊の姿をしたくるみ割り人形は、今から200年前に生まれました。
これは、普段威張っている王様達に何か硬いものを噛ませて、うるさいその口を封じてしまえという思い付きから作られたものです。
1816年にドイツの作家ホフマンが『くるみ割りとネズミの王様』を発表すると、やさしい顔の人形も作られるようになりました。

過去の写真の職人さんの顔は、苦虫を潰したような顔をしていましたよ。
反骨精神たっぷりで作っていたのかな?
P1010032.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する