FC2ブログ

素晴らしい人達

建築士が着せた汚名を建築士がそそぐ
2007/11/27

 久しぶりに気持ちのこもった竣工式に立ち会った。大きなプロジェクトではないし、高名な設計者がかかわった物件でもない。11月25日に行われた戸数19のマンション、コンアルマーディオ横濱鶴見の竣工式だ。姉歯元建築士による構造計算書の偽造によって2005年12月に使用停止命令が下され、耐震改修工事を進めていた。

 “気持ち”が伝わってきたのは、安全な建物の完成を心待ちにする住民がいて、それを支援する行政の担当者が存在し、住民の思いをかなえようとする設計者や施工者の姿を見たからだ。

 あいさつに立った管理組合の横山富夫理事長が「22日にいただきました」と、横浜市から交付された建物の検査済証を右手で掲げる。これまで紙切れとしか思っていなかった検査済証が、初めて重みのあるものに見えた。退去から2年、住民がようやくわが家を取り戻すのだ。

 この間、住民は途方に暮れる日々を送った。繰り返した会議や会合は200回以上、延べ600時間あまり。入居できるようになったからといって、すべての問題が解消されたわけではない。偽装がなければ負担しなくても済んだ費用を、負担しなければならない。1戸平均で約1000万円。ある住民は、月に10万円ほどで済むはずのローンの返済が、事件によって14万~15万円に増えるのだと話した。

 紅白の垂れ幕に囲まれた竣工式場の片隅で、こんなマンションをつくってしまった建築士たちに改めて怒りを覚えた。しかし一方で、マンションの再建に力を尽くした建築士もいる。

 耐震改修工事の設計・監理を担当したKR建築研究所の服部範二所長は、住民や工事関係者を前に「一級建築士という同僚の者のやった偽装。同じ一級の資格を持っている者として、なんとか恥ずかしくない仕事をしたいと思っていました」と語った。

 施工を担当した紅梅組の金泉隆介会長は、次のような話をした。「大変難しい仕事ではあるけれども、建設業者として何とかやり抜いていかなければならない大事な仕事の一つだということに気がつきました」。「我々の仲間が犯した罪は許されることではないが、この仕事を仕上げることによって、建設業の信頼回復に少しでもつながるのではないかという思いがありました」。

 この耐震改修がもうからない仕事であることは、初めから想定できる。受注しない選択肢もあっただろうに、この設計者と施工者は取り組む道を選んだ。「何とかしたい」という使命感が先立ったというべきだろう。心ない建築士が自らの職業に着せてしまった汚名を、別の建築士がそそごうとしている。


素晴らしい人達がいたものである。

しかし、仕事というものは誰かに負債を負わせてまですることではないと思います。
その辺りの所は大丈夫であったのか、少し疑問が残ります。

建築業界の人達みんな、しっかりやって行きましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する