FC2ブログ

▼日々喜怒哀楽▲

近建築設計室のメインブログです。 最近気になっていること、喜怒哀楽して伝えたいこと等ジャンルを問わずUPします!

謎の1万円で振り回される人達

Posted by KON  on   0  0

謎の1万円で振り回される人達

1万円を誰かが置いていくという事件?がここの所発生しているらしい。

この人は善意でやっていると思うけど、この行為によって振り回される公務員はどれほどいるであろうか?
マスコミはネタ探しに躍起になっているからいいでしょう。
世間も話題としてはいいでしょう。

でも、この行為によって税金で働かなくてはならない人達がいることを理解して欲しい。
明らかに寄付以上に人工は掛かっていると推測出来ます。
世の中の為を思うのなら、正々堂々と寄付すれば良いのではないでしょうか?

埼玉県や秋田県で見つかった1万円札入りの包みと同様の包みや封筒が、全国で次々と発見されていたことが11日、分かった。これとは別に昨年9月にも静岡市で同内容の手紙が添えられた1万円札10枚が見つかっていたことが判明。これを含めると見つかった1万円札は北海道から沖縄まで計18都道府県、計398枚。一体誰が何の目的で?

 北は北海道から南は沖縄まで。4月から今月にかけて計388万円。昨年9月に、静岡市の霊園のトイレで見つかった同内容の手紙つき1万円札10枚を含めると、これまで見つかった1万円札は398枚になる。「修業の糧としてお役立てください」などと書かれた手紙とともに現金は、ばらまかれた。

 今年になって最初に見つかったのは4月9日の仙台市役所(6枚)。最近では今月5日に埼玉県庁などに29枚が確認されている。官公庁以外でもJR長崎駅前の商業施設などで9枚が見つかった。

 東京都庁第1庁舎では6月14日午前10時20分ごろ、1階の南側出入り口の近くにある男子トイレの洗面台に、現金1万円入りの封筒10通があったのを都職員が発見。南側の出入り口は普段、テロ対策のために閉めている関係で、現場のトイレを出入りする人は少ないという。都庁では通常の忘れ物として取り扱い、2週間保存してから警視庁新宿署に拾得物として届けた。

 大阪・東大阪市役所でも6月18日午前11時30分ごろ、市職員が市庁舎1階の男子トイレで、9通を見つけた。同市の管財課職員は「今朝の新聞を見て気付いた。普通の拾得物と思っていた」と驚く。置いたと思われる人物についても「(当時)議会中で、人の出入りが多いので分からない」と特定は難しそうだ。

 過去の現金ばらまき事件では、1989年川崎市の竹やぶで、2回に分けて見つかった2億2000万円や、98年12月に長野県内で数か所に総額2000万円の現金とホウレンソウが置かれているのが見つかった事件などがある。しかし、今回のように、これほど広範囲にわたった現金ばらまきは、極めて異例。なぜ役所中心なのか、1人で行ったのか、希代の慈善家なのか、はたまたイタズラなのか。日本全国を巻き込んだ謎の現金ばらまき事件は、まだまだ続きそうな気配だ。

KON 

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://konarch.blog4.fc2.com/tb.php/555-b5d15e57
該当の記事は見つかりませんでした。