FC2ブログ

平面詳細図作成

今日は、昨日とは違う物件の平面詳細図を作成していました。

これは実施設計に入って一番最初に書く図面となります。

基本設計は1/100のスケールで書きますが、実施設計は大体1/50のスケールで書きます。
一つ一つ手書きの感覚で細かく書いていくので、そこで初めて見えてくるものもあります。
つまり、扉の開口寸法や廊下の幅とかをミリ単位で把握することが出来るのです。

基本設計の時は電卓片手に寸法を出すけど、実施設計ではCADであたればドンピシャで寸法を出すことが出来るのです。

図面を書くにはいくつかの方法があるが、自分は手間の掛かる方法で仕事をしています。
以前やった図面をコピーしたりすれば早く出来るけど、適当になってしまうので確認の意味でも自分は全てを一から書いている。
間違えたら大変なことになるから、全て一人で一から設計しているということです。
それが自分のポリシーである。

人を入れたりすればこの方法を変えるかもしれないが、今の所はこの体制がベストだと思っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する