FC2ブログ

▼日々喜怒哀楽▲

近建築設計室のメインブログです。 最近気になっていること、喜怒哀楽して伝えたいこと等ジャンルを問わずUPします!

最近お腹がすくのは…。

Posted by KON  on   0  0

ここの所…寒くなったり暖かくなったり、雨が降ったり晴天であったり、温度差が激しい日が続いています。
天候の悪い日は内勤作業を進める様にしていますが、花粉症の薬のせいもあるからか眠くなりがちです。
といっても、漢方なので随分楽なのですが…。

最近お腹が空くのは、新型コロナで不安だからでしょうか? 
やたらとお菓子とか食べたくなるのです (笑)


不安な気持ちは、なぜ食欲につながってしまう?

ストレスがたまりにたまっているとき、気がついたらポテトチップスの袋が空っぽになっていた……という経験をしているのはあなただけではない。これには生物学的な根拠もあるらしい。その理由がわかれば、もうストレス過食をやめられるかも?

無意識にものを食べるという行為には、生物学的な理由がある。心配事を抱えていると、脳は手っ取り早く満足感を得られるもの(=おいしい食べ物)を求める傾向にあり、長期的な目標(=ダイエットなど)を忘れがちになってしまうという。同時に、ストレスホルモンとして知られるコルチゾールが、空腹シグナルを狂わせてしまうことがあるため、おなかが空いているわけでもないのに食べる必要性を感じてしまうというから恐ろしい。

さらに、このような状況のときに無性に食べたくなるような食品たちが、実際に食べて安心感をもたらしてくれるというわけでもないのだそう。ミネソタ大学が行ったある調査によれば、ストレスを感じている状態でチョコレート、アイスクリーム、クッキーを食べた被験者は、それらを我慢して食べなかったときと比べて、必ずしも気分が良くならなかったという結果が得られたそう。また、一時的な気晴らしやそれに伴って得られた多少の幸福感は、終わりがくるとかえって落ち込んでしまうこともよくあるケース。ではいったいどのように対処したらいいのか、専門家に尋ねてみた。

ストレス食いの悪循環を断ち切るためのファーストステップは、「“自分は不安だから食べている” という状態を認識することだ」。そう話すのは、ノースカロライナ州にあるフィットネスクラブ「デューク・ダイエット・アンド・フィットネスセンター」で行動保健学のディレクターを務めるソフィア・ライディン=グレイ博士。「無意識で食べていることを自覚出来たら、次に不安の原因を突き止めましょう。つまみ食いをしてしまう理由がわかれば、別の行動を選択することにつながります」

次に、緊張状態になったときに、心を落ち着かせてくれる方法を見つけること。毎日5分ほど静かに座って過ごす、仕事の後にテニスをする、庭いじりをするなど、自分に合った方法を探してみて。また、そのときの気持ちを文字にして書き出すことも、心に抱え込んでいる感情を吐き出すことになり、ストレス食いの代わりになるのだそう。不安を感じたらいつも書き留めている手帳や日記を開き、これまで話したような自分で作ったルーティンに従うこと。そうすれば、これからはポテトチップスの封は閉じたままだし、そもそもスーパーで買い物カゴに入れることもなくなりそう。



あのね…お腹空くのと眠くなるのと同時に来る場合は、味噌汁が良いですね。
おにぎりと味噌汁があったら無敵かもしれないと思う今日この頃です (爆)


~~~~~
#浜松 #住宅 #新築 #リフォーム #見学会 #オープンハウス
kondo.jpg

★★★★★★★★★★★★ 建築を通して明るく楽しい未来を創造 ★★★★★★★★★★★★★

・イベント情報はコチラ ⇒ イベント情報

近建築設計室 一級建築士事務所 
〒432-8002 浜松市中区富塚町2259-10
TEL:053-571-5227 FAX:053-474-4690
携帯:080-5103-0850 (一級建築士 近藤正宏)
info@kon-arch.com
http://www.kon-arch.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

KON 

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://konarch.blog4.fc2.com/tb.php/3233-0629c361
該当の記事は見つかりませんでした。