FC2ブログ

震災が起きてから準備する世の中から、あらかじめ備えておく世の中へと変える必要があると思う

既存のアパートやマンションが余っているのに、新築物件がドンドン建っていることに以前から疑問を持っていました。
自己所有の一戸建てであれば何となく必要な感じはするのですが、賃貸物件が分からないのです。

それで震災があると仮設住宅が無いからと言って、急ピッチで作って、数年後に壊すことの繰り返しをしています。

既存で余っている建物はたくさんあります。
それらを 行政や第三者機関等が買い取って、耐震性能や断熱性能を高めたりしてある一定の条件を満たした 仮設住宅専用として利用する仕組み が出来たら良いと思う。

応急的に避難出来る建物をある一定の割合で備えておけば、小中学校の体育館等を避難施設として利用しなくて済みます。 それらは各地であらかじめ行政の負担で用意しておくべきものでしょう。 足りなければ、近隣の市で借りるとかして行けば良いと思う。

【仮設住宅】
震災が起きてから準備する世の中から、あらかじめ備えておく世の中へと変える必要があると思うのですが、如何でしょうか?

また、被災者が早く元の生活へ立ち直れる様に 財源をあらかじめ確保 しておくことも必要だと考えます。
サッサと立ち直ってもらって、バリバリ働ける仕組みに変えておいた方が、国にとっても絶対にお得だと思うのです。

こういう セーフティーネット も作れたら良いですね。
天変地異の多い日本です…いつ何処で誰がそういう状態に遭ってしまうか分かりません。

スクラップ & ビルドの社会 を続けて行けば、やがて限界が来ます。
人口も減って来ていることですし、そろそろそういう仕組みを作りませんか?

建築に携わる者として、直ぐに壊される建物を作るのに抵抗 があるのです。

~~~~~
【PS】
この記事は、今後付け加えたり修正したりして行きたいと思っています。


~~~~~
#浜松 #住宅 #新築 #リフォーム #見学会 #オープンハウス
kondo.jpg

★★★★★★★★★★★★ 建築を通して明るく楽しい未来を創造 ★★★★★★★★★★★★★

・イベント情報はコチラ ⇒ イベント情報

近建築設計室 一級建築士事務所 
〒432-8002 浜松市中区富塚町2259-10
TEL:053-571-5227 FAX:053-474-4690
携帯:080-5103-0850 (一級建築士 近藤正宏)
info@kon-arch.com
http://www.kon-arch.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
空き家再生ビジネスではなくて、新たなカテゴリーとして備えておくべきだと思う。
これは公共の器として備えておくべき。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する