FC2ブログ

フラッグシップモデルを検討中!

現在、フラッグシップモデルを創るべくいろいろと検討中しています。

~数値が小さい方が性能が高いです。~
Q=2.7、UA=0.87:次世代省エネ基準レベル
Q=2.0、UA=0.60:ZEHの4地域以西レベル
Q=1.9、UA=0.56:次世代省エネ基準の東北レベル
Q=1.6、UA=0.46:次世代省エネ基準の北海道レベル
Q=1.4、UA=0.4前後:カナダのR-2000住宅レベル、ZEHの北海道レベル
Q=1.0、UA=0.35前後:次世代省エネ基準の4地域の1/3~1/4以下レベル
Q=0.7、UA=0.3前後:パッシブハウスレベル


今まで通りに造れば、次世代省エネ基準の東北レベルのQ=1.9、UA=0.56くらいの数値となるでしょう。
ここの所、急に騒ぎ出している 『ZEH』 の基準はそのままのレベルで通るか、少し仕様を変えればクリア出来る基準くらいだと推測しています。
個人的には、それではどうも中途半端な気がするので、より進んだフラッグシップモデルを検討しています。

いろんな本を読んでいて、Q=1.4 (暖房エネルギー消費量がQ=1.6の2/3程度) ~ Q=1.0 (暖房エネルギー消費量がQ=1.6の1/2程度) くらいを目指そう と考えています。
ということで Q1 (キューイチ) に設定することにしました。

企業秘密なので詳細は控えますが…
【外壁】 外断熱は経年変化を考えるとお勧め出来ないので、充填断熱+付加断熱
 (※外壁材をビスだけで保っている構造に不安がある。)
【天井】 断熱材のダブル
【床】 基礎断熱もお勧め出来ないので、床下断熱
 (※基礎の床下空間を室内空間とすることにどうしても抵抗があるのです。)
【サッシ】 樹脂
【換気扇】 熱交換型換気扇としたいが、ダクトは不採用
 (※カビが生えたら掃除出来ない…。)
にて計画しています。

計算では、クリア出来そうな数値でしたので、現在の仕様と比較してコストアップがどれくらいなのか実際に積算してみるつもりです。 多分、後半月もあれば出来ると思う。

頑張ろう!

【参考】
単位換算テーブル
電気料金計算


~~~~~
#浜松 #住宅 #新築 #リフォーム #見学会 #オープンハウス
kondo.jpg

★★★★★★★★★★★★ 建築を通して明るく楽しい未来を創造 ★★★★★★★★★★★★★

・オープンハウスの情報はコチラ ⇒ オープンハウス
・リフォーム相談はコチラ ⇒ 一級建築士による 『リフォーム相談』 開催中!

近建築設計室 一級建築士事務所 
〒432-8002 浜松市中区富塚町2259-10
TEL:053-571-5227 FAX:053-474-4690
携帯:080-5103-0850 (一級建築士 近藤正宏)
info@kon-arch.com
http://www.kon-arch.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する