FC2ブログ

難しいことは考えずに、バーコードを作ってみました。

名刺 & フライヤー & チラシ を作っていて…雛型に 『QRコード』 が入っているモノがあり、埋め込みたくなりました。

ネットで調べてみたら簡単に出来るんですね。
いや~聞いたことはあったんですが、こんなに簡単に出来るモノだとは思っていなかったです。

数秒で出来ましたから、ビックリですよ!


QRコード作成 【無料】

簡単に自分用のQRコードを無料で安心作成できるサイトです。主要な携帯電話からスマートフォン(Android、iPhone)まで、どのキャリアにも対応していますので集客やプライベートに幅広くご活用ください。気になるアクセス集計も可能です。

メールに本文もセットできるQRコードは最近人気です。他にも、作成した後から中身を変えられるQRコードや、複数のURL(QRコード)をまとめて一本化する機能もあります。


そして、出来たのがコレです。

★HPのQRコード
HP-QRコード

★このブログのQRコード
fc2-QRコード


QRコードとは

QRコードの構成
QRコード(Quick Responseコード)は、高速読み取りを重視したマトリクス型2次元コードとして、1994年 株式会社デンソーウェーブにより開発されました。1997年AIMIのITS規格に登録され、2000年にISO/IEC規格になっています。
またマイクロQRコードも、2004年にJIS-X-0510として規格化されています。

QRコードの仕様
QRコードを構成する最小の単位(白黒の正方形)をセルといいます。セルの組み合わせでQRコードは表され、位置検出パターン(ファインダパターン)と、タイミングパターン、誤り訂正レベルやマスク番号などの情報を持ったフォーマット情報、データ及び誤り訂正符合(リードソロモン符号)から構成されています。



図解で納得 バーコードの仕組み

新聞記事なのに読んでもさっぱり分かりませんでした…。


バーコードの仕組みと作成方法

バーコードとは、幅の異なる白と黒の線で数値や文字を表す、縞模様状の識別子のことです。今回、その原理と仕組みについて、ひとつずつ追っていきます。

バーコード規格ひとつに、日本の商品管理でよく用いられるJAN(Japanese Article Number)コードがあります。JANコードには13桁の番号が埋め込まれており、その番号は商品名や価格などの商品情報を蓄積したデータベースと連動しています。商品メーカーは、自社にあらかじめ割り当てられた範囲内で、自社の商品ひとつひとつにJANコードを与え、それぞれの情報をデータベースに入力しておきます。すると、それら商品を扱う卸売業者や小売業者では、商品に付与されたJANコードを読み取るだけで、商品の様々な情報が取得できます。そして、様々な現場でも確実に読み取るために、JANコードはとてもうまく作られています。



他のサイトも見ましたが、結局バーコードもQRコードも仕組みがよく分かりませんでした…。
バーコードリーダーをかざして、ピッてやるだけで必要な情報が全部入っちゃうわけですから、不思議ですよね~!


まぁ難しいことは考えずに、バーコードを作ってみましょう!

QRコード作成 【無料】


【追伸】
iPhoneでバーコードリーダーのOptiscanをかざすまでも無く、カメラでリンク先が開くみたいだ。 ビツクリ!


~~~~~
#浜松 #住宅 #新築 #リフォーム #見学会 #オープンハウス
kondo.jpg

★★★★★★★★★★★★ 建築を通して明るく楽しい未来を創造 ★★★★★★★★★★★★★

・オープンハウスの情報はコチラ ⇒ オープンハウス
・リフォーム相談はコチラ ⇒ 一級建築士による 『リフォーム相談』 開催中!

近建築設計室 一級建築士事務所 
〒432-8002 浜松市中区富塚町2259-10
TEL:053-571-5227 FAX:053-474-4690
携帯:080-5103-0850 (一級建築士 近藤正宏)
info@kon-arch.com
http://www.kon-arch.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する