効率ばかり求めてはいけない。

仕事においても何においてもそうだと思うことは… 人は効率ばかり求めてはいけない ということです。

物事がなかなか進まなくて、面倒くさいと思ってしまうこともありますが、そういう時には 出来るだけのことはするべきだ と自分に言い聞かせる様に努めています。

~~~~~
効率ばかり求めてはいけないということは、PTAの手伝いをしている時にそう思いました。

PTAではボランティアで手伝いをします。 子ども達のために裏方の仕事をする訳ですが、ただ黙々と仕事をこなすのではなく親同士の親睦を図る意味合いも含まれています。

効率ばかり求めてしまうと、ギスギスしてしまい親睦は図れませんね。 事務仕事に強い人とか、接客に強い人とか、内気な人とかいろんな方がいらっしゃいますから、作業においてもバラツキが出て当然です。 いろんな人達がいる中で、より多くの人達と協同して一つのモノを創り上げて行くことが重要となります。

このことは、すごく勉強になったと今でも思います。
~~~~~

建築の仕事に関しては、出来るだけ相手側の立場に立って最善を尽くす様にするべきだと思っています。
時として効率を優先しないスタンスを取るということは、意識しないとなかなか出来ないことなのかもしれません。
でも、そうした方が良いと思う時にはそうしたいものです。

メーカーみたいに着工前にほとんどの仕様を決めてしまうことはしたくありません。 その場その場で逐一確認を取ってから、物事を進める様に努めています。 やっぱりココはこうしたいとかああしたいとか出て来て当然と思う訳ですよ。

時間が取られて大変ですが、その方がお客様にとっていろいろなモノがイメージしやすいですし、失敗も少ないと思うからそうしたいのです。

お客様と設計者と専門工事業者さんと皆で協同して、お客様の想いを全力でカタチにしたいと今日も思うのでした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する