イチゴ大福の定義

先日、スキー帰りに道の駅で子ども達に 『イチゴ大福』 を買ったんです。

楽しみにして…食べて一言

『お父さん、イチゴ入ってないみたいだよ!』

『や~そんなことないんじゃない? 大福の皮が厚いんじゃないの?』

『ないみたい。 食べてみる?』

手に持って違和感を感じ、一口食べてイチゴの無いことが判明。

『入ってないね。 これじゃ~イチゴ大福じゃないよね。 そういえば、隣にメロン大福っていうのも売ってたね。』

『イチゴ大福』 といえば、イチゴがまるまる1個入っていて、噛んだ時にイチゴのみずみずしさと大福が絡み合って美味いとなるモノじゃないのかな?

イチゴ大福くらいの小さい大福で、餡の代わりにイチゴエキス? (ジャムではなかった) が入っているモノは 『イチゴ大福』 と言えるのか?
 
お店の人は、『このイチゴ大福オススメです!』 って言ってたけど…はっきり言って 『イチゴエキス入り大福』 と改名して欲しいと思いましたよ。 今後、イチゴが入っているか確かめてから買う様にします。 (キリッ)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する