親鸞聖人の 『白い道』

親鸞聖人の 白い道 という映画を観ました。
三國連太郎監督作品で、第40回カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞作品です。

20170121.jpg

誰よりも やさしく

誰よりも 深く

誰よりも 激しく

地上に生きて

果てしない白い道を

歩きつづけたー


親鸞 白い道

一一八五年、京では連日の様に平家の残党狩りが行なわれていた。 その凄惨を極める有様を13歳の親鸞がくいいる様に見つめている。 人々の苦しみをなんとかしたいと願った彼は、修業の為に比叡山に入山し、20年に及ぶ苦難の行を積むが、どうしてもその教えに確修を得られず山をおりてしまった。 やがて親鸞は、旧い仏教を否定する法然に出会い己れの道を確信する。 それ迄、宗教とは比叡山を中心とする上流階級丈のものであったのだが、法然の興した浄土宗は、「宗教は万人のものである」という、当時としては斬新なものだった。 この新しい念仏の教えは飢饉や重税に喘ぐ民衆の間に広がっていく。 だが、この様な新興宗教が当時の仏教界に受け入れられる筈はなく、当然の様に二人は流罪となってしまう。 親鸞は越後へ流されるが、やがて念仏弾圧の手が伸びてくる。 念仏を信仰する親鸞、彼の妻・恵信、三人の子供たちは、越後から関東に向かう人買いの集めた群れにまじって越後脱出を計った。 苦難の末たどりついた関東上野の国は、人買いの阿藤太のふれこみとは裏腹に地獄の様だった。 更にここでは、原始宗教が支配していて、どんな病人も男坐女による祈祷以外に、傷や病いの手当てをする事は許されないのである。 親鸞は懸命に布教活動を始めた。 そんな時、村を襲った疫病の為に末子の己己を失ってしまう。 親鸞はとめる恵信の手を振り切って、燃え熾る炎の中に己己の遺体を放り込んだ。 燃える様な憎悪の目でそれを見つめる恵信。 やがて一家は常陸の国へと移り住んだ。 親鸞はそこで出会った姥捨ての恐怖に怯えながら、現世への執着を捨て切れない老婆に念仏の教えを憑かれた様に説いた。 一二一九年、鎌倉鶴岡八幡宮で、将軍源実朝が八幡宮別当公暁に暗殺された。 念仏教止令が発令され、親鸞の布教活動はますます困難となっていく。 それでも彼は、確信を持って一つの道を歩み続ける。 それは共に歩むことのできない妻子との別れを意味したが、彼は現世に苦しみ、のたうちまわりながら再び旅立った。


時代背景をあまり把握出来ていなくて、分かりにくかったのですが…
なんだかんだ言って、今の人達は恵まれていると感じました。 ええ、とても!

今、出来ることをして行きたいと思いました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する