本当に価値ある本を読まなきゃ~

現在、インド・ヒマラヤの精神世界の本アメリカ・インディアンの言い伝え的な本 等をいろいろと読み進めています。 その中でも特に興味あるのは旅行記的なモノです。

ヒマラヤ聖者の生活探究
20161202-01.jpg

★トップカスタマーレビュー

聖書とともに私の棺の中にこの5巻を収めてもらうつもりです
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/11

初版(英語)は1935年となっています。以来、11カ国語に訳され、世界中で密かに読まれ続けてきています。この本の内容は、著者らがヒマラヤの奥地で大師方(イエスやブッダを含む)と直に接し、様々な教えを受けたり、様々な事態に遭遇したそのドキュメントおよび教えをまとめたものです。ここに書かれている内容を事実として受け入れるか否か、それはもちろん自由ですが、その深遠さ、崇高さ、至高の精神性、霊性は、他に比較できるものが見当たりません。私はこの本(日本語版・英語版)を何十回も読んでいますが、読むたびに新たな発見があります。人類にとって永遠の書物とはこのような書物を言うのでしょう。

1巻から5巻まで購入して、、幸運です
投稿者 kaminarinaru 投稿日 2004/9/13

~と言っても、まだ3巻までの読書ペースですが素晴らしい!!の一語です。
どうしても「あるヨギの自叙伝」:パラマハンサ ヨガナンダ著を読みたくなって、、
ですが両書を併読すると思わぬ効果があり、ヒマラヤに住む聖者方と町に住むヨギ方との連携や意識の通い合いさえも想像するに容易。しかも読書の楽しみが倍増しました!
~~
このような世界が現実に存在し、今の荒廃した世にも慈愛の祈りの波動を響かせているという、その事実は人類に勇気と励ましを与えるものだと、、いたく感動。
真実はすごいドラマテイックであり、こういう明かしは生存意欲さえ掻き立ててくれます。
翻訳に取り組まれた仲里氏には畏敬の念さえ覚えますが、今後もどんどん読者を増やして
~~
若い人達にもどんどん読んでもらいたいシリーズだと思います。
表紙は地味ですし、若い人には縁遠い書物と見えるでしょうが、、とんでもない!
ページを読み出せば、内容は軽薄なSFなどぶっとびものですね。
~~
「事実は小説より奇なり」という言葉がありますが、まさにその通りで、しかも「事実は教典より貴なり」と私は感じたものです。このシリーズは聖典だと思います、ええ、全く。~

生き方考えかたに大きな影響を与えました
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/4/25

かなり人間社会の不平等、不公平に絶望感を抱いていたのですが、この人生の恩書に出会い、人生の流れが大きく変わりました。自己不信や家族や社会、他人に不信感や絶望感を抱いている人には、どうしても読んで貰いたいです。


アメリカ大陸の太陽人たち―ホワイト・イーグルの教え
20161202-02.jpg

★内容(「BOOK」データベースより)
本書は、著者がかつてアメリカ・インディアンであり自身の指導霊でもあったホワイト・イーグル霊の言葉を紹介しつつ編んだ、南北アメリカ大陸のインディアン文化の起源と真相に関する紹介書です。

★トップカスタマーレビュー

ホワイトイーグル独自の自然に関する教え
投稿者 美少女の味方 投稿日 2011/9/20

ホワイトイーグルがまだ肉体を持ってインディアンとして生きていた頃に学んだ太陽の力や自然の力、人間にとってのその有用性などを霊的存在になった現在の視点から解説してあります。『天使と妖精―ホワイト・イーグルの霊示』と一部つながるところがあるのですが、こちらのほうが実生活や健康、霊的成長に生かせる実用性は高いとは思います。
他の某高級霊は人間が肉食することを身体を造るためには必要だからよろしいと言っていましたが、ここでホワイトイーグルは肉食は否定していませんが、それを飢えないためにやむをえずすることは仕方がないが、肉体やエーテル体をより高級にするためにはしないほうがよく、太陽の力を蓄えた果実や穀物を食べるほうがよい、などと解説しています。
他にも健康や進化に有効な方法などが本当に多く解説してあります。
霊言の寄せ集めなのでやや読み進めにくい気もしますが、少しずつ気軽に読んでいってもよいと思います。


心身の神癒―主、再び語り給う
20161202-03.jpg

★商品の説明
イエス・キリストが直接語りかけてくる。

★トップカスタマーレビュー

キリストが直接、心のうちに語りかけてくれます
投稿者 ジョバンニカンパネルラ 投稿日 2003/11/14

20世紀初頭、キリストが直接、ヒマラヤで修行をした著者の体を借りて、
主が招いた、ごく限られた人々にされた講話とそれを記録したものが本書です。
講話をしている著者が、キリストの姿に変身している写真があります。
講話の内容と言葉の響きには、聖書の福音書の真理の響きがあります。
何時いかなる時も本書は、的確に語りかけてくることが不思議です。
この本を私が手にすることになったことが、偶然であるとは思えません。
ぜひ、直接体験してほしい本です。その時からキリストの臨在を感じざる得なくなります。

真実の求道者にキリスト・イエスが熱く、直接語りかけている…
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/25

御言(みことば)集であると言ってよいでしょう。
その内容は、ヨハネ伝の奥義書といってもよいと思いますが、全編がキリストの祈りの言葉であり、日々、読み進んでいくうちに、キリストの心情、光、愛、叡智が我々の心と魂、そして肉体にまで溶け込んでくるのが分かります。
神への祈りに満たされるために、旧約の「詩編」に日々親しんでいる方々も多いと思いますが、この『心身の神癒』は、キリスト・イエスとの霊交にとって、きわめて価値のある永遠の書物であると思います。
この稀有な書物を霊読することによって、自分の身体にまとわりついている汚れが剥がれ落ちていき、次第に光(オーラ)に満たされていくことが実感できると思います。このような体験のみが自己変革や人生を変えることができる真実の体験といえるものであり、それ以外のすべては、結局のところ、虚妄の堂々巡り、徒労、敗北、挫折に結びつくものでしかありません。
このような、心と魂の内奥から光を発することができる(オーラを輝かせてくれる)書物というものは、人類にとって誠に貴重な書物であるといえます。

本当に素晴らしい本です。
投稿者 ラザリス 投稿日 2012/5/29

今流行りのスピリチュアル本など足元にも及びません。是非読んで下さい。読めば納得します。同著者による『解脱の真理』と『キリストのヨーガ』もオススメです☆


個人的には、お金集めをしているとしか思えない新興宗教や、葬式仏教や、戦争法案に反対しない神道などにはあまり興味がありません。 はっきり言って嫌いです。 ただ、建物の形やディテールは仕事に取り入れたいとは思います。

TVやインターネットばかり観ていると、人間にとって本当に大切なことがぼかされてしまいます。 レビューを見て良さそうな本は、先入観をあまり持たずに読んでみたいと思っています。 もちろん、最低評価のレビューも目を通しています。

こういう書物を読むに至った切っ掛けは…
『コンちゃん…だめだよ、くだらない本を読んでいたら~。 本当に価値ある本を読まなきゃ~。』
的なことを、ある方から言われたからです (汗)

今ではとても感謝しています!

ということで、興味が湧いたら皆さんも読んでみてください (笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する