学校への出張先生忘備録

折角体験したことでも、日が経つと忘れてしまうので忘備録として記しておきます。

先週金曜日… 子ども達からの宿題 に、宿題のタタキ台 を持ってお話して来ました。
PTAのお父さん & お母さん達が、仮の先生を12名で行って来たのです。

1. 2学期の活動の目的
・働く人の思いを知る。

(1学期に子供たちは、いろいろな職業について本で調べ、「職業」 というものに興味をもったり、将来、「こんな職業に就きたい。」 という思いをもったりしました。2学期は、実際に 「働く」 ということはどういうことなのか、ただの夢をえがくのではなく、未来に向けて6年生としてどんなことを意識して生活すべきなのかを考えさせていきたいと思います。
そこで、身近な存在であるお父さん、お母さんから、 「どんな経験をしてきたのか。」 「働く上でどんなことが大切なのか」 などについて、生の声で伝えていただけたなら、きっと子供たちの思いが広がるのではないかと考え、ボランティアをお願いしました。)


★先生役全員の紹介
今回は…内装工事業、建築士、公務員、機械関係のサラリーマン、映像ディレクター、コンサートホールの企画・管理、銀行マン、英語の先生、ピアノの先生、保育士さん、看護師さん、販売員etcバラエティーに富んだ先生方です。
20161026-1.jpg

★各班に分かれての勉強タイム…20~30分×2グループ行いました。 ラフプランを説明しているところ。
20161026-3.jpg

最初に、子ども達1人1人に将来なりたい職業を話してもらい、その後実際の仕事のお話をしました。
イメージしやすい様にいくつかの資料を持って行きました。

★ミニチラシ ※全員に渡しました。
20161026-a1.jpg

★一級建築士免許証
20161026-a2.jpg

★ラフプラン
20161026-a3.jpg

★パース
20161026-a4.jpg

★実際に使っている図面
20161026-a5.jpg

【感想】
小学6年生の段階で、将来なりたい具体的な職業名が出ることにビックリしました。
具体的には…杜氏、幼稚園の先生、小学校の先生、うどん屋さん、看護師さん、花屋さん、水族館の飼育員さんetc

自分が小学生だった頃は、クラスの半分くらいが 『サッカー選手』 だったりしたのですが (爆) 
個人的には、あまり早い段階で進路を決めない方が良いと思いました。

横のグループからは 『建築士になりたい!』 という子がいて、ちょっと嬉しかったです。 その子に仕事のお話は出来なかったのですが、『いろんなことに興味を持って、好きなコトをいろいろしたらイイよ!』 とアドバイスをしておきました。 握手してくださいとのことで握手もしました (笑)

印象に残った話としては…
★子ども達に伝えたいことは?
(周りに先生がいないことを確認して) 勉強なんかしなくていいと思う! 勉強は大きくなればしないといけなくなるから、今はとにかく遊んだ方が良い。 いろんなことに興味を持つことが何よりも大事。 興味があることが実際に仕事に繋がることが多いとも思う。

★これからの夢は何ですか?
(しばし悩んで) より多くの人と出会って、お客さんには家創りを通して幸せになって欲しい。 そのお手伝いが出来れば良いですね!…と答えました。 お客さんが喜んでくれると、自分も嬉しくなりますね。

この度は、この様なイベントに参加出来て嬉しかったです。 有難うございました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する