子ども達からの宿題

PTAの主催か、地域の主催か、細かい所は分かりませんが、人伝で頼まれました。

~未来をえがく授業 案内~

1. 2学期の活動の目的
・働く人の思いを知る。

(1学期に子供たちは、いろいろな職業について本で調べ、「職業」 というものに興味をもったり、将来、「こんな職業に就きたい。」 という思いをもったりしました。2学期は、実際に 「働く」 ということはどういうことなのか、ただの夢をえがくのではなく、未来に向けて6年生としてどんなことを意識して生活すべきなのかを考えさせていきたいと思います。
そこで、身近な存在であるお父さん、お母さんから、 「どんな経験をしてきたのか。」 「働く上でどんなことが大切なのか」 などについて、生の声で伝えていただけたなら、きっと子供たちの思いが広がるのではないかと考え、ボランティアをお願いしました。)

2. 内容
・身近な人から仕事への思いを伺い、「未来をえがく」活動の参考にする。

~お話しいただきたいことの例~
・職業(仕事内容)
・職業を選んだきっかけ(体験談、経験したこと)
・仕事の大変さ、やりがい、これからの夢
・仕事をするうえで心掛けていること。大切なこと。(挨拶や礼儀なども含めて)
・これからの子供たちがすべきこと。子供たちへの思い。
                              など。


コチラ側からは10名以上の大人が参加して、小さな班になってグループで話し合いをするみたいです。

こういう授業って素晴らしいと思います。 自分のやっている仕事は子ども達にとってもイメージし易いだろうから、このことを通して子ども達の将来に役立てたら嬉しいですね。

PTAの一員として、子ども達からの宿題にしっかり答えて行きたいと思っています。 今日からボチボチ考えます…。 そして、せっかくなので、仕事に対しての今の思いを自分自身で整理してみたいとも思っています。 感謝合掌!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する