子ども部屋の仕切り壁兼収納棚の加工をしました。

子ども部屋の仕切り壁兼収納棚の加工をしました。

子ども部屋に、簡易仕切りをする。

★無印良品の スタッキングシェルフセット・5段×2列 に裏側からタモ合板を貼りました。
20160909-01.jpg

★部屋が暗くなってしまうのを避けるため棚上部まで合板を貼らず、モノが落ちない様ストッパー代わりになる高さとしました。 4mm合板を建具屋さんにてW:813×H:1,650でカットしてもらい、端部をサンドペーパーでバリ取りし、ビス留めしました。
20160909-02.jpg

棚奥のラワン合板 (タモ合板の裏面) は、素地のままでも違和感が無い感じでした。 多分、モノを収納したら見えなくなりますが、子ども達が気になれば自分達で細工してもらおうと思います。 (絵を描くとか何か貼るとか…)

★余っている材料でいいからと建具屋さんに作ってもらった突っ張り用の枠が少し大きくて入らなかったので、ジャッキで上げて差し込むか、少し削ってもらうか考えています。 クリアランスを取ったんですが、おかしいですね~(爆) ※建具屋さんの寸法は合っています。
20160909-3.jpg

★可動式の収納棚にしておくと…子ども達の成長に合わせて、背中同士をくっつけて使うことも可能です。
20160909-4.jpg

残工事としては…棚板の自然塗装と棚板同士の金物での連結、柱と天井への固定です。 それと、先日アフターで自然塗料 (オスモ) を使い切ってしまったので、代わりに何を塗ろうか考えています。 タモ合板は素地のままだと手垢が付いて汚くなってしまうので塗装はしておきたいのですよ。

~~~~~
★豆苗 (とうみょう) って、日々の成長が分かって面白いです。 太陽の方向に必ず葉っぱを向けますね。
20160909-5.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する