うさぎアレルギー検査

うさぎアレルギーの検査に行って来ました。 今日は採血のみで、結果は一週間後に分かります。

何となく キャンプに行って身体が痒くなったと思っていた のですが、思い出してみるとそうではないかもと思ったのです。

まず、キャンプに行く前にも首回りに痒みがあった。 そして、通常であれば医者で処方された薬を塗ればもう治っているはずなのに未だ完治せず、むしろ酷くなっている…。 また、発疹の仕方が今まで経験したことが無いものである。 そういうことを考えると待てよ? ひょっとして、どこかで聞いたことのある 『うさぎアレルギー』 かもしれないと思ったのです。

とりあえず、今まで処方された薬をメモしておきます。

【8/22】
・ナサデルム 軟膏0.1% (朝晩塗る)

【9/8】
・アンテベート 軟膏0.05% (朝晩塗る)
・抗アレルギー剤:ザイザル5mg (夕食後飲む)


まず、一日も早く治したいです。 そして、うさぎアレルギーがあったら、対策を考えないといけません…。


うさぎアレルギーの原因ととても辛い症状

犬ほどではないと思いますが、自宅でうさぎを飼っている人も多いと思います。
実はこのうさぎがアレルゲンとなることがあり、症状をひき起こします。
動物アレルギーの場合は、だれか家族が発症してしまった場合ペットと一緒に暮らせなくなる可能性があるのでとても辛いですね。
ここでは、うさぎアレルギーの症状や対策などをご紹介したいと思います。

体毛やフケ、唾液やフンが原因

動物アレルギーには犬や猫などが代表的なものですが、実はうさぎもアレルゲンとなります。
うさぎに触ったり、うさぎのそばにいることで身体にアレルギー症状があらわれてきます。
うさぎアレルギーの原因となるものは、体毛やフケ、唾液やフンなどです。
これらが人の身体に進入することで、さまざまな症状を引き起こすことになります。
主な症状としては、急に目が痒くなったり、皮膚が痒くなったりすることです。
ほかにも花粉症のように鼻水やくしゃみが出てきたり、咳が止まらなくなるといった喘息の症状が現れてきます。

このようなうさぎアレルギーの反応が身体にあらわれる人は、もともとハウスダストや食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、さらに花粉症など発症している方が多いようです。 (※ハウスダストと花粉症は反応有り
うさぎを飼うまえにこういった症状が過去に出てないかチェックしていたとしても、一緒に暮らし続けていることで、突然発症することもあるので、日頃の生活の中で注意が必要です。

悪化しないための対策法

つらいうさぎアレルギーの症状から開放されるためには、うさぎを手放すことが一番ですが、それまでかわいがっていた家族同然のペットを手放すことができないことでしょう。
ですから、もしできるのであれば、外で飼うようにするのが無難です。
外で飼うことによって家の中に体毛やフケが落ちないので、かなり症状が緩和されることでしょう。
もし、家の中で飼うしかない方であれば、家の中をこまめに掃除することが対策になります。
窓をしっかりと開けて、こまめに部屋の空気を換気しながら掃除をするようにすれば、発症をかなり軽減させることが出来るでしょう。

うさぎ専用のペットシーツを使用すれば掃除もかなり簡単にできますし、掃除機をこまめにかけてケージも頻繁に水洗いするように心掛けましょう。
また空気清浄機を利用することもおススメです。
これはうさぎに限らずどんなアレルギーでも言えることですが、本人の体調が悪いときに発症しやすくなるので、そんなときには特に注意してうさぎのそばに行かないようにしましょう。
大切なうさぎとできるだけ一緒に暮らすことが出来るように、毎日の生活を工夫することが大切になります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する