『制震装置』 を標準装備としたい。

熊本地震 「新耐震基準」導入後の住宅に明暗

~2016年4月16日に発生したマグニチュード(M)7.3が本震、14日のM6.5が前震となった熊本地震は、多くの建物に被害を与えた。家づくりの実務情報誌「日経ホームビルダー」では、新耐震基準の導入以降に建てられた住宅が、前震と本震でどのような被害を受けたかに注目。記者が建築の専門家と共に現地を取材した。~

 本震の発生後、木造住宅の耐震診断と補強に詳しい耐震研究会(東京都世田谷区)の建築実務者数人と、熊本県益城町に向かった。取材目的の第一は、新耐震基準導入以降に建築された木造住宅の、被害状況を知ることだ。

 木造住宅の耐震性能は、1981年より前の旧耐震基準と、81年の新耐震基準導入以降で大きく異なる。今回ほどの大地震に、旧耐震基準で建てられた住宅が持ちこたえるのは難しいと予想されたため、新耐震基準導入以降の住宅に絞ろうと考えた。

 益城町の被災住宅は、本震を受けて前震のときより急増していた。全てを見て回り、該当する被害を探し出すには時間がかかる。そこで、本震の発生前に放送されたテレビ番組を見直したところ、益城町の西側にある安永地区周辺の映像に、倒壊している比較的新しい住宅が2棟映っていた。その情報から住所の見当を付けて現地に向かった。

 現地に到着すると、土ぶき瓦の、いかにも古い住宅が数棟並んで倒壊し、道を塞いでいた。旧耐震基準の住宅だ。一方、その向かい側の住宅数棟には、目視では大きな建物被害は確認できなかった。使われている外装材などから、新耐震基準導入以降ではないかと推定される。

 先に進むと、探していたうちの1棟を発見した。木造2階建てのアパートで、1階が完全につぶれていた。土台と基礎はアンカーボルトで固定されているが、土台と隅柱にホールダウン金物がない。このことから、新耐震基準導入以降の住宅だと判断した。新耐震基準導入以降の住宅が、本震の前に倒壊していたと考えられる。

■「本震で倒壊した住宅が多い」

 アパートの周りの地面には、大きな亀裂が南北方向に走っていた。前震について気象庁は、活断層が南北方向に引っ張られて動いた「横ずれ断層型の地震」と説明している。亀裂は活断層のずれと同じ向きになる。

 アパートから離れると、家の外に避難している住民に出会った。家が倒壊したので、前夜は車中で過ごしたという。「自分の家は古いので前震で倒壊したが、周りは前震では自立していたものの、本震で倒壊した住宅が多い」と話す。探していたもう1棟について尋ねると、場所を教えてくれた。前震で倒壊したという。この住宅は、1階が崩壊して元の場所から2m以上移動していた。

 使用されていた建材から、新耐震基準導入以降の住宅だと推定される。この住宅の外壁には、以前は接続していたと思われる母屋の跡があった。隣には旧耐震基準の古い母屋が、この住宅に倒れ掛かるように倒壊していた。

 調査を共にした耐震研究会代表理事の保坂貴司氏は、「古い母屋に新しい住宅を増築していて、地震で古い母屋が倒れた影響で増築部も被災したと思われる」と話す。

 この住宅の向かい側には、使われている外装材から、新耐震基準導入以降と推定される住宅が建つ。隣の家が全壊した影響で外壁の一部が傷付いているが、そのほかの被害は目視では確認できなかった。

 今回取材した限られた地域内でも、新耐震基準導入以降と思われる住宅で、前震で倒壊したものと、前震と本震を受けても被災が目視で確認できないものが存在していた。日経ホームビルダーでは引き続き、新耐震基準導入以降の住宅の被災状況の取材を進めていく。

(日経ホームビルダー 荒川尚美)


~~~~~
熊本地震から学んだことは…『制震装置』 を標準装備とした家創りを進めて行きたいということです。 本震から余震と繰り返し襲って来る大きな地震では、建築物が無傷でいられる保証はどこにもないと思ったからです。 現在、耐震等級3同等性能の家創りをしていて 『制震装置』 はオプションで付加しています。

【制震ダンパー】 『耐震 + 制震』 システム ハイブリッド工法 『コラボパワー』 その他同等品を設置して行きたいですね。

~~~~~
新潟地震の時にそうであった様に、今回の地震でも車に寝泊まりしていて 『エコノミー症候群』 で亡くなる人が出ています。

もし、何らかの理由でそこに人が住めなくなった場合、どういう生活が良いのだろうかと考えた時に、『キャンピングカー』 はどうかな~? とかいろいろ考えましたが、『トレーラーハウス』 なるモノも選択肢の一つとして良いんじゃないかなとも思っています。

キャンピングカーは継続的に住居として使用するには厳しい。 何より普段使いの車としては不便だし、価格もかなり高いと思う。

短期的にはキャンプ生活、中期的には賃貸住宅、長期的にはトレーラーハウス…何だか落ち着かなそうな生活ですが、現実的に全くあり得ない話でもない気もします…。

家はトレーラーハウスで、倉庫はプレファブのヒッピーみたいな生活スタイル…それも何だか楽しそうだと思う今日この頃 (苦笑)

今後も地震が頻発すると思いますが…地震の被害はより小さく、また、原発も無事であって欲しいと切に願います。
日本が安心して住める場であります様に!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する