オフグリッドはエコなのか?

オフグリッドはエコなのか?

横浜市内在住の夫婦が実践! 電力会社と契約しない「オフグリッド」生活とは

記事を拝見して、電気だけオフしている様でした。
中古とはいえ大量のバッテリーを搭載…。 う~ん、何かが引っ掛かってしまう…。
一般的に太陽光発電はクリーンと言われていますが、(原発よりはクリーンだとは思うけど) 個人的にはそんなに良い発電方式とは思えないのです。 これはもうず~っと思っていることです。

~~~~~
水道光熱費を考えた場合…水、電気、ガスそれぞれでオフが出来るか考えてみました。

① 水…井戸を掘れば出来ると思います。
水を汲み上げるためのポンプが必要です。 そして、飲み水に関してはRO浄水器を通したきれいな水を確保したい所です。 ですので、RO浄水器にもポンプが必要となります。 それ以外の水をある程度きれいにする様でしたら、何かしらのフィルターを通しておきたいものです。
※ポンプの電源確保は必要。

② 電気…次回へ回します。

③ ガス…プロパンガスというのはそもそもオフ (グリッド) に入るのでしょうか? 調理をカセットコンロや薪にすれば良いのでしょうか?

建築本体を北海道仕様の断熱材を使用する等の対策をしたら、エネルギーロスはかなり少なく出来ると思います。 囲炉裏は実用的ではないけど、クッキング薪ストーブなんかは調理も暖房も両方叶えられて結構素晴らしいツールではないでしょうか?

エネファーム等のガス発電をしたら、電気は極力無くすことが出来るから、オフグリッドはおそらく可能なんだと思う。
※エネファームの電源確保は必要。

~~~~~
お金が掛からないことと、エコというのは全くの別問題だと日頃考えています。

自然が好きなんだよと言いつつ、山を切り崩してそこでエコな生活しているとかいうのは理解出来ないのです。 多分、都会に住んでいる人の方がエネルギーを無駄に使っていません。 公共交通機関を使ったりしているし…。 建物だって、新築しない方がエネルギーはロスしないに決まっている。

あれやこれやと、少しづつ考えをまとめて行きたいと思っています。

『オール電化』について…もう一度考えてみた。

【参考】 無知な市民をオフグリッドに誘導するのに必死!自然エネ推進の偽脱原発運動家の言い訳に反論する。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する