2015夏休み 道東への旅 【其の四】

【4日目】
AM5:30くらいから 『知床横断道路』 をどうしても走りたくて、車で出掛けて来ました。 本当はちょっとランでもしようかなとか思ってみたりもしましたが、そんなことはしなくて良かったです (苦笑)

★エゾシカは道端にたくさんいました。 雌ジカです。
20150816-1.jpg

★雄ジカには立派な角が生えています。
20150816-2.jpg

★知床横断道路のストレートは最高に気分がイイから、写真を撮ろうと思って車を降りて写真を撮り、車に乗り込む際に前方を見たら何かが道路を横断していました。 そうです…山の神 ヒグマ です!
20150816-3.jpg
↑ 拡大出来ます。

★知床峠へと続く道はとても綺麗なのです。
20150816-4.jpg

★知床峠から南にある羅臼側からは、雲海を挟んで 国後島 を望むことが出来ました。
20150816-5.jpg

★結局、羅臼漁港まで行ってしまいました…。

★帰り道…キタキツネを見掛けました。
20150816-6.jpg

★ランタンでの朝食。 しょっぱい鮭の切り身が美味でした。
20150816-7.jpg

知床五湖 へ! ココは高架木道より望むことが出来る一湖。
20150816-8-2.jpg

★子どもが写真を撮ってくれました。
20150816-9.jpg

★コッチはビデオを撮ってるよ (笑)
20150816-10.jpg

★看板前でパチリ。 この辺りの高架木道からヒグマを見ることが出来ました。
20150816-11.jpg

★知床の食物網図だそうです。
20150816-12.jpg

★展示内容が充実していて、以前から子ども達を連れて来たかった 斜里町立知床博物館 です。
クイズ形式で展示物を見て回ることが出来て、子ども達もまた来たいと言ってくれて嬉しかったです。
※何年か前に来た時には、前日のソーセージみたいな話の展示物があったと記憶していてそれを見せたかったのですが、どこへ行ってしまったのだろうか? それともほかの施設だったのだろうか…。
20150816-19-2.jpg

★道すがら 硫黄山 にも寄って来ました。
20150816-14-2.jpg

★屈斜路湖畔で ゆでとうもろこし 売り場を発見!
20150816-15.jpg

★とうもろこしはどこでも食べられると思っていたのですが、売っている場所は限られていることが分かりました。
20150816-16 - コピー

★行ってみたかった景色が綺麗な 美幌峠
20150816-17-2.jpg

『イランカラプテ』 ご存知ですか?
「あなたの心にそっと触れさせていただきます」というメッセージについて
萱野茂氏(1926年- 2006年 元参議院議員)は、「イランカラプテ」という言葉の原義を「あなたの心にそっと触れさせていただきます」と解釈しています。この解釈が広く知られているところですが、学術的な語源解釈として、アイヌ語学者の間では一般的に共有されているものとはいえません。
推進協議会では、「あなたの心にそっと触れさせていただきます」という、温かく、ホスピタリィ溢れる解釈を、「イランカラプテ」という言葉の意味としてではなく、「イランカラプテ」キャンペーンのメッセージとしてみなさまにお伝えしていきたいと思っています。
「イランカラプテ」という、ひとつの言葉からでも、アイヌの人々の文化の一端を垣間見ることができます。この言葉をきっかけに、みなさまもアイヌの文化、歴史に触れてみてください。

20150816-18 - コピー

★アイヌ民族には、神の国と人間の国という2つの世界観 があると信じているとのことでした。
20150816-19 - コピー

★夕食後に、アイヌコタン と近所のお土産物屋さんへ行って来ました。 温泉街の夜の雰囲気は子ども達も大好きな様でした。
20150816-20 - コピー

泊まったのは 『あかん悠久の里 鶴雅』 で、今回で3回目となります。
鶴雅グループは来る度にドンドン大きくなっている気がします (苦笑)

アイヌコタン と 知床横断道路 (2005年01月27日)

さて、以前と比べて文章作成能力は上がっているだろうか…。
これは自分自身のスキルを上げるために半ば無理矢理書いているブログなのです (爆)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する