土や芝は放射能測定した上で施工する!

近建築設計室では、外構工事に使用する土や芝は放射能測定した上で、施工して頂く様にしています。 今後、問題意識のある業者さんを揃えて行く予定です。

~お客様へのご連絡事項~
★測定させて頂いた検体は、全て測定下限値未満の不検出でした。

1. 畑…Cs-137:ND (測定下限値=2.14Bq/kg)、Cs-134:ND (測定下限値=2.23Bq/kg)
【900mLポリ容器にて3,600秒測定】

2. サバ土…Cs-137:ND (測定下限値=2.30Bq/kg)、Cs-134:ND (測定下限値=2.37Bq/kg)
【900mLポリ容器にて3,600秒測定】

1. 宮崎県産 高麗芝…Cs-137:ND (測定下限値=3.24Bq/kg)、Cs-134:ND (測定下限値=3.81Bq/kg)
【1,000mLマリネリ容器にて7,200秒測定】
※芝生と土を刻んで詰めて測定しました。

★どうして放射能測定をするのかというと…下記の記事の様に危険だと判断しているからです。
【参考】 『浜松城公園の放射能汚染』 が新聞記事に掲載されました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する