中身の無い祝辞はどうかと…。

昨日、子どもの幼稚園の卒園式がありました。

多少雨が降って来ましたが、卒園式自体は滞りなく進行し感動的なものとなりました。 それは、幼稚園や先生方はもちろんのこと主役である卒園児と在園児が素晴らしかったからであります。

一方、良くなかったことは…ある県議会議員の祝辞です。

紙に書いて読むべきとまでは言いませんが、全く内容の無い話を行き当たりばったりで話されるのはどうかと思うのです。 その後に祝辞を頂いた方は実のこもった内容を話されていましたので、悪い意味でより際立っていましたね。
ちなみに、私がPTA会長をしていた時は、 事前に内容を考えて紙に書いたモノを読みました。

ウチの妻が結婚式関係の仕事をしていて、来賓の方々の祝辞をよく聞くみたいなのですが
『話す内容を考えて来てないのがまる分かりで、アレは無いだろ!』 って怒っていましたよ。

もっとも、誰も言わないだろうから彼の耳にこの声は届かないでしょうがね…全く、困ったものです。 今度、県議会議員選挙がありますが、彼には投票しません。

アレは無い!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する