マラソンに挑むために、今週からLSDの練習を取り入れて行きます。

リンクのメモです。 薬物のことじゃないよ!

3.LSDトレーニングに挑戦しよう

★LSDトレーニングに挑戦しよう長時間、ゆっくり、長い距離を走る
LSDとは、英語の「ロング・スロー・ディスタンス(Long Slow Distance)」の頭文字をとった略称で、文字通り、長い時間、ゆっくりと、長い距離を走るトレーニングのことです。
ジョギングのように呼吸が乱れない程度のゆっくりしたスピードで走りますが、時間と距離が長くないとLSDにはなりません。そのため、「このペースなら無理なく長く走り続けられる」と感じられるような遅いスピードで走ることを心がけましょう。ビギナーの方にとっては、筋力や心肺機能といった基礎体力を高めるよい練習となります。

軽い負荷を長時間かけることによって体脂肪が燃焼しやすいカラダづくりにもつながるので、ダイエットやスリムアップをめざす方にもお勧めです。走ることに慣れてきたら、週に1回くらいのペースで、LSDトレーニングに取り組んで欲しいと思います。

★LSDトレーニングに挑戦しよう
LSDトレーニングで走るペースは人によって異なりますが、ビギナーであれば1kmを7~8分のペースで、普通に会話ができることが目安です。時間的には、1時間よりも長いことが望ましいのですが、最初は30分からトライして、徐々に増やしていくやり方でも構いません。
注意すべきなのは、連続して長く走ること。できるだけ立ち止まらないように継続して走るようにしましょう。反対に、カラダが楽だからといって途中からペースを上げてしまうのも禁物。ペース走トレーニングと同じように、足の運びを整えて同じスピードで走り続けることが大切です。
実施する場所については、公園や河川敷のジョギングコースなど、なるべく立ち止まらずに済むところが適しています。単調な練習に飽きてしまうことがあるので、大規模公園など景色が変わりやすい場所に出かけたり、周りの迷惑にならない範囲で同じコースを逆方向に走ったりするのもいいですね。家族や仲間とおしゃべりしながら走るのも楽しいですよ。


う~ん、佐鳴湖は最適だ!

20150227-2.jpg

ということで、7分弱のペースで早速LSDして来ました (爆)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する