出来ることなら自然の営みの時間帯で暮らしたいと私は思います。

太陽光を採り込む家造りが理に適っていると感じる今日この頃です。

屋根の上で発電しなくても良いと思っていて、ただ室内に陽が射し込み明るくて暖かい空間となれば良いと思うのです。 もし、太陽光発電をやるなら自給自足分だけで良いと考えます。

昔の人達がどの様に自然と調和して暮らしていたか思いを馳せた時、そこにはシンプルなありました。 経済優先ではなく時間優先でもなく便利優先ではなく、自然の営みの時間と調和した生活がそこにありました。

朝陽と共に起き、日が沈めば寝る。 そうすれば、自ずと余分な電気は必要としません。 夜型の生活は、夜に煌々と人工の電球を使い、昼に暗くし暑さをしのぐ為にエアコンをバンバン使ってしまいます。 そういう環境で働かなくてはならない方もいらっしゃるとは思いますが、出来ることなら自然の営みの時間帯で暮らしたいと私は思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する