とても気になる映画 『三姉妹 ~雲南の子~』

20131107-2.jpg

20131107-3.jpg

ここになんと書いてあるかと言うと…

『世界から見えない場所 三人だけで生きた』

びょうびゅうと風が鳴る。 母は家を出た。 父は出稼ぎにいった。 標高3200メートルの雲南地方の村で、三人だけで暮らす幼い姉妹。


三姉妹

2003年にその全貌を明らかにした三部作のドキュメンタリー『鉄西区』で、世界を驚愕させた中国のワン・ビン(王兵)監督。2010年には初の劇映画『無言歌』も発表。日本でもキネマ旬報外国映画監督賞、同外国映画ベストテン第4位と高く評価され、今や世界映画の旗手として、国境を越えて多くの映画ファンがその新作を待つ存在となっている。待望の新作『三姉妹〜雲南の子』は、ワン・ビン監督が、まず最初に国際的な評価を築いたドキュメンタリーのフィールドでの新たな傑作。ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門でワールドプレミアされると、「深い人間性、驚くべき映像、紛れもなく目を見張らせる」(ヴァラエティ紙)と絶賛され、見事グランプリ。ナント三大陸映画祭ではグランプリと観客賞をダブル受賞。出品する映画祭でことごとく賞に輝くとともに、これまで以上の観客の共感を得て、“ワン・ビン、恐るべし”という興奮をふたたび世界に与えることとなった。

今回、ワン・ビンがカメラを向けたのは、中国で最も貧しいと言われる雲南省の山中の村に暮らす10歳、6歳、4歳の幼い三姉妹である。驚くべきことに、子供たちの両親は家に不在だ。母は家を出、父は出稼ぎにいった。近くに伯母や祖父はいるものの、姉妹は自分たちだけで生活している。わずか10歳の長女が幼いながら、母親代わりとなり、妹たちの面倒を見て、家畜の世話や畑仕事に一日を費やす。やがて、町から父親が戻り、子供たちを町に連れていくことを考えるが、経済的な問題から、長女だけが村に残ることになる…。ここにある貧困は、現代の日本から見れば信じ難いだろうが、戦後日本の貧しさに通ずるものがないとは言いきれない。そしてここには同時に、どんな環境でも輝く子供たちのいのちがある。びゅうびゅうと吹き続ける風に拮抗するかのような邪気のない逞しい生のエネルギー、ひとり残された長女の孤独と、孤独を知ればこそ生まれる人間の尊厳には、ただただ感動を覚えるばかりである。

雲南では、高地に暮らす村民の貧困を解決するため、低地への全村移住政策が推し進められ、本作が撮影された洗羊塘村もすでに全村移住が決まっている。だが、どこへいつ移住するのか、村民もまだ知らされていないという。本作は、政治的なメッセージを発する映画ではないが、急激な経済的繁栄に沸く中国に、これほどの格差が存在するという事実には驚かざるをえない。また、今もなお“ひとりっこ政策”が続いている中国にあって、三姉妹というタイトルにすでに中国社会が現在抱える問題を感じる観客も多いだろう。


コメント&海外評

★上映日程はコチラでチェック ⇒ 上映情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する