スクラップ&ビルドをなんとかしたいな~♪

今日…太陽光発電の売り込みにメーカーさんが来ました…。

だからといってこの記事を書くのではありませんが、モノを簡単に捨ててしまう現在の社会がどうも好きになれません。
新しいからとか、節約出来るとかいう甘い言葉で… 『無くてよいモノ』 を建築に組み込むことは如何なものかと考えてしまうのです。

自分のスタンスとしては…依頼されれば採用しますが、基本的に 『オール電化』 は好みではありません。 設備的にも機能的にもエネルギー的にも最適とは思えないからです。

書くと長くなるので少ししか書きませんが、電磁波問題や総エネルギーコスト(生産時や廃棄物処理時のコストを含める)や環境に対してどれだけの負荷をかけているか(どうやって処分するのか?)を考えると単純にイイですね~! とは言えないのです。 ランニングコストのみを考えて判断出来ないのです。

まぁそれはそれとして…戦後ずっと続いている建築物の 『スクラップ&ビルド』 がどうも馴染めません。 この様な形態は、社会全体を見回してみるともう限界に来ていると感じます。

今あるモノを大切にする社会にして替えて行きたい…と今日、心の奥から訴えかけられた気がしました。
何世代も暮らせる建築物を作っておかないと、いつまで経ってもスクラップ&ビルドの繰り返しで地球環境に負荷をかけ、住宅ローンも世代毎に負わなければいけません。
折角親世代が苦労して建てた家でも世代が代われば間取りが合わなかったり、単純にそこに住むのが嫌だからと言う理由で、住宅の寿命は約1世代で終りを迎えています。

なんとかしたいな~♪ (まず、創めにイメージありき)

今後のキーワードとして…
【新築】においては、世代間において使いまわしの利く家創り
【リフォーム】においては、性能を上げ安心して末永く暮らすことの出来る家創り

を提案して行きたいと考えています。

インドネシア風の家創りもしたいのですが、現時点ではイメージがたくさんあり過ぎてまとまらないので1つ1つ解決して行きたいと思ってます。

お客様お1人お1人(ご家族毎)に合わせたカタチを追求しつつ、上記の点でより一層磨きを掛けたいと思っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する