FC2ブログ

構造計算書偽造問題

 『構造計算書偽造問題』が世間を賑やかしている。
 
 この問題を初めて聞いたとき、『エッ、そんなのあり得ない!』というのが第一印象であった。

 数日経って勝手にことの経緯を考察してみた。

 まず、『構造設計者』が単独で偽造したということはあり得ないと思った。
理由は本人にとってメリットが全くないからだ。
(人だから良心も当然あったろうし、どこからか強力な圧力が掛かったとしか思えないのです。)

 『意匠設計者』(元請け設計事務所)が見抜けなかったいうのも嘘だと思う。
今回行う設計が始めて取り組むような特殊物件であったなら、判らなかったことも考えられるが、おそらく同じ様な設計はいままで何件かして来たことであろう。
でないと、発注者はその設計者に仕事を依頼しないであろうから。

 であるならば、以前の物件と問題の物件を比較して何かおかしいと思わなかっただろうか?
震度5程度も持たないような設計であるならば、鉄筋の太さ・本数、柱の太さなど明らかに違っていたことでしょう。
『構造設計者』が単独でやったことだから知りませんなんて言えませんね。
 
 『施工者』も同上の理由で、おかしいと気付くと思います。

 個人的には、『不動産屋』(デベロッパー)が一番怪しいと思いますね。
全て判っていてやっていそうだ。
一番メリットがありそうなところだからね。
金儲け主義に走ってぐるになってやったとしか到底考えられない事件だと推測します。

(これ、あくまで推測での話です。ことの真相はそのうち判って来るでしょう。)

コメント

少し休憩しませんか。

2005/11/21 (Mon) 02:19 | ☆^(o≧▽゚)o #- | URL | 編集

こんにちは。
雑文ですが、トラバさせていただきました。
よろしくです。

2005/11/22 (Tue) 18:19 | かわい #cWdKAJJ. | URL | 編集
有難うございます。

毎度有難うございます。

2005/11/22 (Tue) 22:38 | KON #dnZ4N5xA | URL | 編集
ぶしつけな質問ですが

単刀直入で恐れ入ります。
悪徳業者が、そうそういるとは思いたくありませんが、魔の手を見破るのに効果的な方法を、教えていただけませんでしょうか。

2005/11/23 (Wed) 16:35 | anouk #- | URL | 編集
信頼できる専門家を!

 今回の件はごくごくまれなケースだと思います。
これはある意味事件(殺人事件みたいなニュアンス)な訳であって一般にはいないと…。
 マスコミに扇動されてはいけません。
われわれ建築に携わるものはもっとみんな真剣に取り組んでいますからご安心下さい。
 ただ、どうしても不安と言うなら、信頼できる専門家に依頼するしかないと思います。
何事においてもエキスパートという存在がいますので、その方々を有効的に使うのがベストですね。

2005/11/24 (Thu) 08:36 | KON #dnZ4N5xA | URL | 編集
割り込み失礼。

今回の事件で、構造計算書の再チェックがブームみたいになってしまってますが、実際構造計算書を偽造してるなんて信じられないことをしている物件なんて、早々ないですよね。
それよりも、施工不良による耐力低下(鉄筋の露出、コンクリートの剥落、コンクリートそのものの強度低下など)によって、建物が破損するリスクのほうがよっぽど高いはずです。
報道によって、問題の重要度がすりかえられてしまうのが残念です。

2005/11/25 (Fri) 00:46 | かわい #cWdKAJJ. | URL | 編集
まぁ無いですね!

 本当にそうですね。
今回みたいなものはまぁ無いですよ。
今後、同様の悪徳業者がひょっとしたら何件か出てくるかもしれませんが、『氷山の一角』では絶対無いと思います。
これは圧力に屈した設計者の起こした『詐欺事件』ですね。

2005/11/25 (Fri) 07:34 | KON #dnZ4N5xA | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

被害者救済は重要なのですが・・・。 耐震強度偽装で国交相、公的支援を検討の方針 -@nifty.news 読売新聞- 公的支援を検討するなら、まず、関係者の処分をどうするのか? これが重要なのではない

2005/11/22 (Tue) 18:18 | m-platz