建築士は考えるのが仕事

最近思うことがあります。

本来、建築士は考えるのが仕事であって、いろんなことの詳細をこと細かく文章で伝えたりするのは不得手な職種だということを…。

ツイッターやFBでいろいろ呼び掛けることにも限界を感じます。
逐一チェックして反応することは出来ませんし、上手く伝えることも出来ないだろうから、しばらくこの媒体からは距離を置こうと思います。

大切なことは…もっとじっくり書いたり、直接会ったりしないと伝わらないものだとも感じます。


伝えたいことはたくさんあります。

でも、ほとんど伝わりません…。

ただ自分の時間だけが虚しく過ぎ去って行きます。

結果が出ずに空回りとなっています。

身の周りに弊害が出ていて、このまま時間を使い続けることに意義を感じることが出来なくなりました。



311以降…様々な角度から散々動いて来たので、この辺りでちょっと休憩します。

ほとんどの方は、自分自身の身に降り掛かって来ない限り危機を危機として感じない…残念ながら外野の声と判断されるみたいです。

これから、政治・経済・生活その他諸々…大変な時代がやって来ることでしょう…。

自分としては今後も出来ることはしたいとは思いますが、無理をするのは辞めます。
自分自身のバランスが保てない恐れが出そうだからそうします。
人間…モチベーションをいつまでも保ち続けることは無理な様です。

今後は、生業としての建築設計事務所により一層注力します!

本当に大切なことは…
誰かに判断を仰ぐのではなく、本を読んだりして自分自身で勉強すべきだと思います。
『大丈夫』 と決めつけてから、その大丈夫だという根拠のみを探し判断するのではなく、客観的見地になって冷静に判断をすることが重要だと感じます。
それと、身の回りで起きていることを直感的に判断することも大事だと思います。

う~ん、今となってはもうそれくらいしか言うことはないかな…。
ということで暫く静観します。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する