価値あることにより時間を費やしたい

■国別子供の学力
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-1644.html

恐怖心と、競争心で、子供を抑圧して、
それが教育やと思ってる日本人は、
さすが、洗脳バカ化計画のたまものやな、とおもう。
しかも、インチキの叩き込みやし。



以前チェックしたこの記事に関連して…今思うことを綴る。


子どもも大人も日常が同じことばかりの繰り返しだと、考える力が無くなってバカになりますよ。

子どもについては…サッカーばっか、野球ばっか、水泳ばっか…周りと同じことを同じペースでやっていないと不安になるのだろうか?
運動ヤレヤレ、勉強ヤレヤレと…その行き着く所は一体どこになるのであろうか?

一方の大人では…一番多いのは仕事ばっかということになるのだろう。

まるで、立ち止まって考えることをしてはいけないと刷り込まれている様だ。
少しくらい他のコトも出来る様な世の中でないと不自然だと思う。

子ども… 『スポーツとかあるから、その他のことに参加させることは出来ません…。』
大人… 『仕事があるから○○出来ません…。』 という言葉はもう聞き飽きた。

何でそういう発想になるのだろう???

子どもも大人もイイ訳とかで言っているコト…ビックリするくらい同じだよ!
たまには人と違うことをしたり、考えたりしないと人生薄っぺらくなるよ。
社会に出たら同類項は重宝されないし不要である。

自分の思考回路はその様な人達と全然違うから…ここでも自分が間違っているのかい?と思ってしまうのだ。
ただ自分は今までそうやって生きて来たし、今後もそうやって生きて行きたいと思う。

時間の調整も自分でしたいし、大事だと思うことに対しての力の分配も自分で決めたい。
価値あることにより時間を費やしたいと思うのだ。
そう…オレはバカになりたくないのだ…そして、つまらん人間にもなりたくない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する