『熱中症チェッカー』

昨日、UPしようと思っていたんだけど…歯痛で出来なかった話題。

学校で校長先生より 『熱中症チェッカー』 を買ったので是非見て下さいということで保健室へと案内されました。
この 『熱中症チェッカー』 という機械 … 熱中症にならない様に スポーツ時の目安 を客観的データとして示してくれるみたいだ。
WBGT(C)という数値は、温度ではなくて計算式で求められる数値らしい。

20110607-b1.jpg

20110607-b2.jpg

20110607-b3.jpg

■ちょっと 『熱中症チェッカー』 について調べてみました。
http://www.tipsun.com/www.e-daimon.co.jp/products/fuso-8758/index.html

地球温暖化、ヒートアイランド現象により熱中症の事故が増加中!
でも、WBTG値を把握すれば、熱中症は予防できます!

■熱中症とは?
発汗により体内の水分や塩分(ナトリウムなど)が失われ、バランスが崩れることによって、体内に熱が溜まり著しく体温が上昇する状態のことです。重症になると命に関わる場合もありますが、予防法を知っていれば防ぐことができます。スポーツはもちろん労働作業、屋内でも発生します。

■WBGTとは?
Wet-Bulb Globe Temperature(湿球黒球温度)の略号のことです。人体の熱収支に関わる4つの環境要素(気温、湿度、輻射熱、気流)を取り入れた指標で、室内で日射のない場合と室外で日射のある場合で計算式が異なります。FUSO-8758はこの室内(INモード)と室外(OUTモード)の選択で、現場に応じたWBGT値を表示します。


※この機械を使って…保健の先生が運動場にて定期的に数値を測って頂き、危険な数値の範囲に入ると運動を取り止めたりするとのこと。
先生方には、子ども達のためにいろいろと気を遣って頂いて、とても有難いなぁと思いました。

感謝しています!

【おまけ】
自分の 『放射線量測定器』 もお見せしました。

何事も機械で客観的データに基き判断される時代となって来ているのでしょうか?
勘も大切ですが、こういうツールも大切ですね!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する