理由はいくつかありそうです…。

米軍あるし…中国近いし…理由はいくつかありそうです…。

■2011年6月の沖縄県内での高放射線量測定報告まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130858204572155901

説明:
現在、沖縄県内で0.1~0.2マイクロシーベルト程の放射線量の測定結果が複数寄せられています。
最初この件についての情報を受け取ったときは、さすがに戸惑いました。
しかし、現時点でも4つのガイガーカウンターによってほぼ同等の測定結果が出ているため、これが事実であると判断せざるを得ません。
原発事故前の東京の放射線量は約0.05マイクロシーベルトですので、沖縄は東京の平常時の2~4倍の放射線量だと言えます。
現在の東京都内の地上1mでの放射線量は葛飾区を除けば約0.15マイクロシーベルトですので、現在の沖縄は都内よりわずかに低い放射線量だと言えます。
福島原発から1700km離れ、なおかつ特異な地形構造でもない沖縄がこのレベルの放射線量となっている原因は、福島原発事故による影響だけでは説明できません。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する