FC2ブログ

『設計事務所』 VS 『工務店』

『設計事務所』と『工務店』…一般的にこの二つはどうして仲が良くないのであろうか?
自分なりにちょっと考えてみました。

設計事務所にいたときは、現場監督って具体的に何をやっているのかその存在意義がわからなかった。
でも、工務店の現場監督をやってみてわかった。

これはまさしく『映画監督』だなぁと…。
監督の実力がないと現場でいいものは出来ないことがわかりました。
これは裏を返せば、設計事務所がいくらいい設計をしても現場サイドの能力がないといいものが出来ないということを意味する。

『設計事務所』と『工務店』の仲の悪さはどこから来るかと言うと、それぞれがどちらか一つしか経験していないことと、両者の能力の差があるからだと思う。
どちらも経験していればそのような軋轢は少なくなるでしょう。
また、両者が同じレベルであったらうまく現場は進むでしょう。

設計事務所も現場サイドも『いいものを造りたい!』という情熱に変わりはない。
どちらも一生懸命造っている。
でも悲しいかな、そうはうまくいかないのが現実だ。

そこにはそれぞれの生い立ちが関係している。
明らかにどちらかが能力不足という現象がそこに起きるのだ。
両者が全く同じレベルということはまずあり得ない。
余程運が良くない限り、初めての組み合わせでうまくことが運ぶことはないでしょう。
僕の場合、その辺りで悩むのがイヤなので今のところひっくるめて仕事をしている。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する