やれやれか!?

超円高の影響で…輸出だけではなく、日本国内の主たる産業は空洞化の一途を辿っている。

これは日本国内にいては成り立たないからしょうがないこと。

アメリカがせっせと紙幣を刷っているから世界的なドル安の傾向は変わり様が無い。

今回の為替介入が一時しのぎになってしまうのか? それとも、継続して円安方向に舵をとれるのか?

そして、世界の覇権がアメリカから中国に一気に移りつつある。

傍観者になっていてはいけない…さて、何をする?


http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-17238820100915

■ドル84.18円まで上げ幅拡大、野田財務相が介入確認

[東京 15日 ロイター] 午前の東京外国為替市場で、急反発したドルは一時84.18円まで上げ幅を拡大。
野田財務相は緊急会見を行い、為替介入を実施したことを明らかにした。
円高が日本経済に与える影響は看過できないとしている。 
 この日のドルは一時82.87円まで下げ幅を拡大、海外安値を下抜けて再び15年ぶり安値を更新していた。 



ところで、アメリカと中国の面積ってほぼ同じって知っていましたか?

自分は中国の方が圧倒的に大きいと、つい最近まで思っていました…。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1167.html

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する