『アグネス論争』

自分が高校生の時に 『アグネス論争』 という論争があったらしい。


仕事と育児の両立や女性を取りまく社会状況改善を考えるきっかけになった 重要な論争だったんですね。


~Nさん、Hさんへ~
や、申し訳ない…知りませんでした

高校生くらいまで、TVとかほとんど見ずに生活していたので…。

同年代でTVの話をしていても、自分だけ知らないことがありますのでご安心を!


でも、この論争を知っているかいないかで、年齢はある程度推測できることは分かったのだ  


で、皆さんは 『アグネス論争』 って知っていますか?


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%8D%E3%82%B9%E8%AB%96%E4%BA%89

■アグネス論争

アグネス論争(アグネスろんそう)は、1987年に歌手・タレントのアグネス・チャンが第一子を出産した後、番組に復帰するために乳児を連れてテレビ局に出勤したことがマスコミに取り上げられ、「子連れ出勤」の是非について巻き起こった論争。日本の働く母親、女性の立場を再考させるきっかけとなり、1988年の新語・流行語大賞では、「アグネス論争」が流行語部門・大衆賞を受賞するほどの社会論争に発展した。

経緯 [編集]
このアグネス論争の背景には、少子・高齢化社会の到来を前に、男女雇用機会均等法の施行などがあり、当時、女性の社会進出機運がマスコミ等で注目されていたことがあげられる。アグネス・チャンは参議院の「国民生活に関する調査会」にまで参考人として呼ばれ、育児休業法の実現や保育環境の整備を訴えたが、これが「子連れ出勤」の是非を問う「アグネス論争」の新たな火種となった。

アグネス論争が起きた当時、チャンは12本のレギュラー、準レギュラー番組を抱えており、テレビ局から「早く復帰してくれ。子供を連れてきてもいいから」などと説得を受け、不安に思いつつ職場に復帰したというのが真相だという。子連れ出勤について林真理子らから批判が起こる一方で、チャンはマスコミから「働くお母さん」の代表格として持ち上げられたりもした。一部のテレビや雑誌は、彼女の出身地である香港の芸能界の風習である子連れ出勤を批判的にとりあげたが、社会学者の上野千鶴子が朝日新聞紙上で「働く母親の背中には必ず子供がいるもの」としてチャンを擁護した。

その後、アグネス論争は批判派・擁護派入り乱れて、あらゆるメディアで賛否両論が繰り広げられ、約2年間続くこととなる。

この一連の日本の報道はアメリカの雑誌『TIME』に取り上げられ、チャンはその記事を読んだスタンフォード大学のマイラ・ストロバー教授の招きにより渡米し、女性と教育のかかわりについて学ぶことになった。これらを契機として、チャンは自身の問題を社会的問題ととらえ、スタンフォード大学の博士課程にすすみ、日本とアメリカの高学歴者の男女間格差を比較・考察した卒業博士論文により、教育学博士号Ph.Dを取得。その博士論文は後日『この道は丘へと続く』(共同通信社、2003年9月3日刊。原著はMITプレス、1999年6月25日刊)として出版に至る。チャンは「当時は職場における男女間の格差や、仕事と子育ての両立に対する自分の意見を理論的に語ることができず、感情論でしか自分の状況を説明できなかったが、ようやく客観的に当時を振り返ることが出来るようになった。アグネス論争が仕事と育児の両立や女性を取りまく社会状況改善を考えるきっかけになっただけでも意義があった。」と当時を回顧している(アグネス・チャン公式ホームページ「アグネス博士論文『この道は丘へと続く』発売イベント報告」より引用)。

アグネス論争当時は、チャンが主張した「企業内保育所」を整備する事業所は少なかったが、近年大手企業などを中心にオフィス周辺に保育所を整備するところが増え、その数は全国で5000を越えている。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する