大切なことを真剣に望んだ時

人が何か大切なことを真剣に望んだ時…本当のことを言わない人とカケヒキする人は嫌いだ。

だって…そうされちゃったら、なす術ないじゃん。

いちいち探り入れてなんてやっていられないし、第一時間がもったいない…。


ことの本質を的確に掴むには、上辺だけを見ていてはいつまで経っても変わらないし分からない。

時には違う角度から見ることが必要だろう。

雨の日や酷暑日では、客観的に同じことであっても感じ方は全く違うであろう。


そういうのって気付かない人が廻りに多い気がする。

自分はサラリーマンでは無いので、人とは違う角度で物事を見ることがあって、みんなが良いと思うのは、怖いとさえ感じることがある。


物事に絶対は 『ありえない』 から、自分の感覚を大切にして生きていきたいものです。

本質を掴もうとする努力する人は、やはり高性能なアンテナを持っていると思う。

そういう人には、コチラも本気で接したい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する