カマはノコで!

突然ですが… 『マグロのカマ』 です。

先日、和歌山の とれとれ市場 というところでマグロの解体ショーをやっていて、4歳児が得意気に 『ハイッ!』 と手を上げて競り落として来たもの。

いいなぁ、子供は駆け引き無しに素直に手を上げられるし、金額とかもそもそも分からんし…。

2010_05050002.jpg

2010_05050004.jpg

このマグロはインド産のメバチマグロで、体重60kgで一本の価格は15~20万円とのことでした。

競りのスタートは解体した部位からのスタートで、まず尻尾が300円~、その後は頭が500円~、そしてカマが1,500円~でした。
全てスタート価格からの一発で競り落とされていましたね。

※ 解体ショー&競りはこの様にして行われます。
http://www.toretore.com/tore/tenpo/maguro/

カマは大きいので魚焼き器に入らず小さく解体をすることになったのですが、包丁ではとても切れなくて大工道具の参上です。
替え刃のゼットソーでジョリジョリって解体しましたよ。

ノコの刃は水洗いしたから、もう上手く切れなくなってしまったかもしれない。
でも、イイヤ。

カマは両サイドの2つあってとても1回では食べ切れません。
残さずに食べないといけないと思いつつも、あまりたくさん食べると気持ち悪くなってしまうし、悩むところ。

分厚いと中が上手く焼けないし…。
食べながら何回かに分けて焼いたけど、食べるのも大変でした。

みんなどうやって食べているのかな?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する