年初は基本設計をしています。

昨年は現場を頑張った1年でした。

振り返ると…現場監督みたいな感じでしたね。
(※厳密には設計監修の細かいバージョンなのですが…。)

そして、今年は…年初は基本設計をしています。

内勤仕事は現場に振り回されずに自分のペースで仕事が出来るからいいですね。

まぁそれはおいといて…。


~今日聞いた話です~
ある美味しいラーメン屋さんの話。

お客さん 『美味しいから、街中に店を出せば?』

店主 『いや、ここでボチボチやっているのが良いんだよ。』

お客さん 『もったいないな~絶対に流行ると思うんだけど…』

で話をよくよく聞くと…

ラーメン屋さんは郊外で1日100杯くらいでボチボチやっているのと、街中で1日300杯くらいをてんてこ舞いでやっているのとでは、前者の方が格段に良いという。 
前者は自分のペースでしっかりとした仕事が出来るけど、後者はただ忙しいだけで疲れるだけだと。
街中だと家賃が高いから手元に残るお金もまぁ変わんないだろうとのこと。


うなずきましたね。

やはり良い仕事というものは、きっちりとした時間配分の中で創られるものだと思います。


『あの店繁盛していたのに移転したら変な風になっちゃったよ…』

よくつぶれるパターンは売り上げが良くなるから何とかなるだろうという推測のもと、初期投資である店舗費用にお金を掛けてしまう。
そして、家賃その他のランニングコストも結構掛かるから、次第に切羽詰ってきてしまうのである。

店主が経営側に廻れば自分のやりたいこととは多分違ってくるだろうし、お金儲けの為と割り切っている人だったら行け行けどんどんでまぁいいんでしょうね。

でも、そういうラーメン屋には行きたくないねぇ…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する