『びぶれ浜松』 取材

長持ちする家のために 断熱について考えよう ←クリック!

家を建てるときデザインや間取りは考えても、どんな断熱材をどのように使うのかについて考える人はあまりいないのでは。そこで近(こん)建築設計室・一級建築士事務所(浜松市富塚町TEL:053-476-2827 )の代表・近藤正宏さんに断熱材の種類と工法について伺いました。

■木造では使わない「内断熱」「外断熱」

断熱材は室内外の熱の出入りをさえぎることで快適な暮らしを維持するために使われる物です。家づくりに詳しくない人でも「内断熱」「外断熱」という言葉を耳にしたことがあることでしょう。実はこれらは鉄筋コンクリート造りの建物などに使われる用語で、断熱材を構造躯体の「室内側」に張るのか「外側」に張るのかを表すものです。
木造住宅の場合、一般的に内断熱といわれるのは「充填(じゅうてん)断熱」、外断熱と呼ばれるのは「外張り断熱」というのが正しい表現。この二つの工法の違いは断熱材を入れる場所で、前者は柱と柱の間に入れ、後者は外付けします。使われる材質も違います。

■優れた羊毛断熱材

充填断熱の場合は柱と柱の間に断熱材を充填断熱に使われる素材の中心は「グラスウール」です。素材はガラス繊維で、密度により断熱性に違いがあります。「ロックウール」は天然鉱物などを主原料としたもの。耐熱性が高くはっ水性があるため内部結露が起きにくいといわれ、人気が高まっています。「セルロースファイバー」は新聞の古紙やパルプなどの木質繊維を原料に加工したもの。湿気を吸ったり放出したりする調湿機能があります。

最近注目されているのが「羊毛」です。難燃性で湿気の吸放出性能が高いだけでなく、化学物質を吸収します。価格が高いのが難点ですが、40坪の家ならロックウールと比べて一戸あたりの差額は15~20万円程度。壁内結露が起こりにくく家が長持ちすることを考えた場合、検討してみたい素材です。

■熱伝導率が低い外張り

一方、外張り断熱に使われる代表的な素材は発泡プラスチック系の「ポリスチレンフォーム」や「硬質ウレタンフォーム」です。外壁に面する柱や梁の部分にも外側から断熱材を施工するため、熱橋(熱の出入り)が起こりにくくなります。しかし、素材の難燃性が低いという問題点も。

どちらの工法を選ぶ場合でも、大切なのは「壁内結露」を起こさないように丁寧な施工を依頼すること。家を長持ちさせるため、これから建てようと考えている方は断熱材についても調べてみてはいかがでしょう。

Eディフェンス

今日はこれから『Eディフェンス』の見学に神戸に行って来ます。
とりあえず、早起き出来て良かった良かった…。

実際に実物大の構造体を揺すって実験するのを見るのです。
とても興味深いものがあります。

『Eディフェンス』の詳細はこちら ⇒ Eディフェンス

優先順位

ここ最近のスケジュールは?

A邸:仕上工事に突入前
B邸:着工前申請等手続き
C邸:平面プラン作成
D邸:平面プラン作成
その他諸々…。

企画~設計~施工管理まで全ての作業を一人でこなすのはやはり膨大な作業量となる訳で…。

設計だけやっているのは楽だなぁと本当に感じます。

※これから『どうしようかな~?』と思っている方は予約を入れて下さい。
すぐには動けませんので…。
宜しくお願い致します。

優先順位はA邸⇒B邸⇒C邸・D邸⇒その他諸々…⇒新規となります。

skype

昨日、初skypeをしました。

PCで電話が出来るのです。
しかも、1対1ではなくて複数人と話が出来るのです。
WEBカメラを使えばPC前の相手の顔も動画で見られます。
で、金額は無料です。

でも、さっぱり理屈がわかりません…。

チャットというものも初めてしました。
文字を打つとそのまま超ダイレクトに投稿されるのですね、ビックリ!

『CMアーキテクツ』の会員間で会議をするのに、このスカイプというツールを使うのです。
このやり方、最先端を行っていますよ。
これを使うと、日本国中(世界中も?)PCのみで人は動かず会議が可能となります。
もう、特別なケーブルや設備など必要がないですね。

何ともビックリなツールがあったものです。

実はちょっと怖かったりする自分がいます。(分からないことって怖いですよね…安心できないっていうか…。)

ノロウィルスの正体や感染予防法

ノロウィルスの正体や感染予防法などのご紹介です。

http://from.sonysonpo.co.jp/sbs/promenade/2007/01/prom0701004.html

沖縄の食-1

これから、何回かに分けて沖縄の食をご紹介します。

海ぶどうです。

CIMG0774.jpg

食感はプリプリしていてとても美味しかったです。

新年早々、ちょっと忙しいです…。

新年早々、ちょっと忙しいです…。

やることがいっぱいあるよ~。

早くも遊びたくなって来ました。(笑)

こーれーぐーす

皆さん、こーれーぐーすって知っていますか?

沖縄の唐辛子「島唐辛子」を泡盛に漬け込んで作った沖縄版タバスコのようなもので、沖縄そば屋さんには必ずと言っていいほど備えてあります。
これがとても美味しいのです。

こちらに帰って来てからは、一味唐辛子とかタバスコを止めてこいつにしています。

今日、焼きそばに入れてみたら、泡盛の味が強く感じました。
これは大量にかけると飲酒運転になるかもしれませぬ。

汁物の麺類がやはりグッドですかな。

こーれーぐーすって、「高麗胡椒」って書くらしいです。

『こーれーぐーす』

<ピリカラ!泡盛漬けの唐辛子>

小ぶりの島唐辛子を泡盛漬けにした液体スパイスは、沖縄の食堂などでおなじみのチョー辛調味料こーれーぐーす(コーレーグース)です。
沖縄そばには、必須のアイテムでそのコンビネーションは特にサイコー!数滴かけるだけでほのかな泡盛の香りと島唐辛子の辛さがスープの味をピリッと引きしめます。
その他うどん、鍋物、タバスコの変わりにスパゲティなどのスパイスとしてお使いください。

現場、暖かいよ~!

年が明けて、ここ静岡県西部地方にも、やっと冬将軍が到来して来ました。

そして、今日、現場に行って思ったことがある。

工事中の現場、暖かいよ~!

天気は良くなく陽はあたっていないのに…である。

大工さんも自分と同じ様な感想だ。

『羊毛断熱材』 が効いているからだろうか?

やっぱりこの材料はいいな~とあらためて思ったのであった。

DSC04258.jpg

↑羊毛断熱材の写真です。

※そういえば、断熱材の件で昨年末に『びぶれ浜松』の取材を受けました。(今月中に掲載されるとのことでした。)

人の心を創る仕事

20070108080331.jpg

昨年末に訪れた沖縄の『中村家住宅』に飾られていた額です。
このことを心に留めて精進していきたいと思いました。

Google Earth

先輩のブログに載っていた面白いツールをご紹介致します。

Google Earth
earth2.jpg

かなり面白いです。

でも、地域によってその解像度は違うので、『怖いくらい良く見える場所』 と 『ぼやけて見える場所』 があるのが欠点かな。

※新年を宇宙から見てみよう! 是非一度お試しあれ!

とりあえず、試しに 『東京タワー』 でも見て頂戴!
■住所:東京都港区芝公園4‐2‐8

本年も宜しくお願い致します!

2007年になりました。

皆様、本年も宜しくお願い致します!

20061231234024.jpg

皆様にとって良い一年でありますように!