FC2ブログ

▼日々喜怒哀楽▲

近建築設計室のメインブログです。 最近気になっていること、喜怒哀楽して伝えたいこと等ジャンルを問わずUPします!

『放射能で首都圏消滅』

Posted by KON  on   0  0

知人が本を出しましたので、そのご紹介です。

『放射能で首都圏消滅』 誰も知らない震災対策

http://www.geocities.jp/existenzerhellung/books/books2006.html#20060514

本書は「東海地震が起きるまで浜岡原発を止めておこう」という運動を続けてきた古長谷氏の最初の著書である。
~つづく~※上記の紹介をご覧下さい!

坂本龍一さんが…。

Posted by KON  on   0  0

浜岡原発の停止を求める署名活動の賛同にもなっていただいている坂本龍一さんが、青森県六ヶ所村の核燃料再処理工場の危険性を訴えるホームページをオープンしました。

http://stop-rokkasho.org/

※『原子力問題』について、客観的に考えているあなた、この機会に一度考えてみて下さい!

『 放射能で首都圏消滅 ―誰も知らない震災対策― 』

Posted by KON  on   0  0

~情報の転送です。~

東海地震と浜岡原発に関心をもたれている皆様へ

いよいよ本日、『放射能で首都圏消滅』の出版日を迎えました。
ご協力頂いた皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうござい
ました。20年前の今日、チェルノブイリ原発事故があった4月26
日に合わせての出版です。この本で、浜岡原発を止めましょう!
http://www.stop-hamaoka.com
https://tabemono.info/cgi-bin/shop/goods_detail.cgi?CategoryID=000001&GoodsI

D=00000078

出版業界では初版2,000冊が常識のところ、今回はなんと
初版13,500冊から入っています。しかも、発売前に書店の
反応が良いとのことから、発売前に5,000部の増刷が決まり
すでに18,500冊の印刷が済んでいます。

本日26日、朝刊の朝日新聞・全国版一面に大きく書籍広告が
出ています。

早いところは先週末から店頭で並んでいますが、書店での反
響はまずまず。出足好調です。週末だけで平積みが売り切れ
て追加注文が入った書店がいくつもあったと聞いています。
聞こえてくる反応は、こんな感じです。

【よい点】
・文字が大きくて読みやすい
・内容と表現がわかりやすく、中学生でも十分読める
・カラーのイラストがたくさんあって明るくて読みやすい
・イラストがかわいい
・見開きごとに読みきりなので、電車などで読みやすい
・値段の割に紙がいい などなど

【よくない点】
・コラムが息抜きになっていない(コラムの方がより深刻)
・専門的に勉強したい人には少しものたりない部分もある
・ちょうど1000円にできればもっと売れる などなど


この本がベストセラーになれば、間違いなく浜岡問題は国民
に浸透します。しばらくは、ここに集中します!皆さんのご協力
に期待しております。(最初の10日間が肝心なんだとか・・・)

さっそくですが、以下の2点をお願いできると幸いです。

1.書店の店頭で問い合わせ
    「放射能で首都圏消滅、置いてませんか?」と聞くだけ
   でも大きな意味があります。週に2人から問い合わせが
   あれば、平積み期間が延長になるそうです。電話も可。
   表紙にインパクトがあるので、平積みさえしてもらえれば、
   売れるはずです。特に紀伊国屋書店でのランキング上位
   を目指していますので、できればお求めは紀伊国屋で。
   http://www.kinokuniya.co.jp/
2.アマゾンでの購入をメール等で宣伝
   以下、ネット上の書籍販売アマゾンを意識したPR文です。
   メールなどであちこちに転送して活用してください!
   アマゾンのランキング上位も目指しています!
   またレビューの書き込みもどうかよろしくお願いします。
====================================================
重大出版! この大地震から6~8時間後に、予期せぬ事態が・・・
     それは日本中を壊す!死ぬな読者。生き残るための一冊!

  『 放射能で首都圏消滅 ―誰も知らない震災対策― 』
http://blog.livedoor.jp/stop_hamaoka/archives/50522896.html

◆食品と暮らしの安全基金 ◆古長谷 稔(こながや みのる)・著
定価1260円 三五館  【東海地震パニックと「浜岡」の原発で、
首都圏は放射能で汚染される!全てを報告し、全てに答えた本】
====================================================

【PS】
KONは10冊仕入れました。
※ご希望の方はご連絡下さい。(定価でお分け致します。)

東海地震で東京も被曝する!?

Posted by KON  on   0  0

古長谷稔さん講演会あります!【2月16日】

◆◇◆講演&勉強会◆◇◆◇◆◇◆

「東海地震で東京も被曝する!?
浜岡原発の風下に住む私たち
一緒に考えよう!私たちの未来」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日時:2006年2月16日(木)18:30開場19:00開演
      
場所:三錦ビル1階会議室(東西線竹橋駅下車 徒歩1分)
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21 三錦ビル1階
地図

講師:古長谷稔(こながやみのる)さん
〔原発震災を防ぐ全国署名連絡会 事務局長〕
     
料 金:500円 (★要予約 )

問合せ・予約:〈Mail〉akamira_cafe@hotmail.com
〈Tel〉 070-5569-5974(小林)

主  催:明るい未来計画
◎「明るい未来計画」は2004年の参院選で「みどりの会議」と協力し、日本に新しい政治をつくるために活動している20代30代のメンバーを中心としたグループ


ストップ浜岡原発@ブログさんからの記事の抜粋です。

浜岡原発の1・2号機の事実上の『休炉』

Posted by KON  on   6  0

以下、古長谷さんからのメールです。

東海地震と浜岡原発に関心をもたれている皆様へ

緊急ニュースです。
本日、浜岡原発の1・2号機の事実上の『休炉』が発表されました。
http://www.chuden.co.jp/corpo/publicity/press2006/0127_2.html夕方のTVニュース(18:20~18:45)や、明日の朝刊にご注目ください。

明日1月28日、耐震補強工事(耐震裕度向上工事)が発表されて
から、まる一年です。これに対して本日、中部電力と県に申し入れ
をしていましたが、その矢先、上記のニュースが飛び込んできました。

署名連絡会としても、取材を受けていますので、報道される可能性
が高いです。これで、1・2号機は東海地震を乗り越える可能性が
格段に高まりました。今後は残る3・4・5号機に集中します。

***********************************************
古長谷 稔(こながや みのる) TEL:090-4756-3488 
★☆東海地震がすぎるまで浜岡原発とめておこう!☆★
原発震災を防ぐ全国署名連絡会 事務局長
http://www.geocities.jp/genpatusinsai/
浜岡原発、巨大地震対策虹のネットワーク 共同代表
http://www.stop-hamaoka.com
***********************************************

寝る前に…。

Posted by KON  on   2  1

 ここ最近、寝る前に『原発関係』の本を読んでいる。
(この時間帯しか読む暇がないのが残念だ。本当はもっと軽めの本を読みたいのだが…。)

 最初は興奮して眠れなくなってしまったものだが、最近は寝られる。
といっても『今日も地震が来なくてありがとう。明日も平穏無事な日でありますように!』と地震の神様(そんなのいるのかな?)に祈ってからだけど…。
ハイッ、読みました。寝ます!とはいかないのだ。
ちょっとリセットしてからでないと、この問題は大き過ぎて重たいからさ、寝れんよ、寝れん。

 継続は力なり。
まぶたがくっつきそうなくらい眠いときでも少しは読んでいますよ。

★★★自分の問題として、是非考えて頂きたい!★★★

Posted by KON  on   11  20

20数万人の方が犠牲になったスマトラ沖地震から一年。津波をはじめ、大地震の力の凄まじさを感じました。

日本でも、スマトラ沖と同じプレート型の東海地震が刻一刻と迫っており、その震源域に浜岡原発があります。

M8クラスの地震に原発が耐えられるのか、まだ誰にも分かりません。日本を代表する地震学者の石橋克彦教授や茂木清夫名誉教授はこの状況を強く警告しています。

▼衆議院で石橋教授が『原発震災』を強く警告(05/02/23)
http://www.stop-hamaoka.com/koe/ishibashi050223.html
▼東海地震最高権威 元地震予知連会長が怒りの告発
http://www.stop-hamaoka.com/news/sunday.html

私たちの愛する郷土と大切な家族、友人たちを原発震災から守るために、私たちブロガーは、浜岡原発の即時停止をもとめます。

このアピールはネット上で出会ったブロガー有志たちによる『ブログで囲もう浜岡原発!』という企画です。

★★★自分の問題として、是非考えて頂きたい!★★★
~遠い国の話ではないのです。~

第3回「ブログで囲もう浜岡原発」

Posted by KON  on   3  0

 第3回「ブログで囲もう浜岡原発」が始まりますよ~!
この問題について知らない人は、まずここを見て下さいね。

【お勧め】菊地洋一氏の肉声による「浜岡原発の危機」
【お勧め】平井憲夫氏/原発がどんなものか知ってほしい

電力会社や国にだまされていてはいけません。
自分や家族の安全に関わる問題ですから勉強してね!

↓こちらからの問いかけです。
皆さんのブログで宣伝してくださ~い

25日からの第3回「ブログで囲もう浜岡原発」ですが、一人でも多く参加してもらうために、皆さんのブログで「25日からやります!」と宣伝してみてください。

また、検索で「浜岡原発」「原発震災」などの言葉でヒットしたブログに、トラックバックを送ってみるのもグッドです。

みなさまのご協力をおねがいしまーす。

原子力ミニコラム

Posted by KON  on   2  0

SENZA FINEさんの記事にトラバです。

原子力ミニコラム 第23回
~ここから~
御前崎総合病院は年内に内科と整形外科を閉鎖するとのこと。
入院患者も転院を余儀なくされる。
脳外科専門になるということで、総合病院としては実質的に閉院である。
年間10億円の赤字を出していたとのこと。

この病院は浜岡原発3号機増設時、いわゆる電源三法交付金の45億円によって、1986年に建造された。(当初は町立浜岡病院)

この病院には医師が来ようとしない。
「医師が来ないのは原発があるからだ」

町議会の答弁でぶっちゃけちゃったのは院長である。もちろん議事録からは削除された。
決して公にはされない患者の数やデータを医師たちは知っている。
そして子供を抱えた医師の妻もそれを知り、「浜岡行き」だけは拒むのだ。

~ここまで~

※僕が思うには、あまりに問題が大きすぎると隠し切れなくなってドカーンと一気に『原発中止』に拍車が掛かる様な気がします。
っていうか、そう思わないと本当に現実がドカーンと逝ってしまうからね。
早く、隠し切れなくなってドカーンと逝って欲しいな、その現実が来る前に!

11月26日東海地震と浜岡原発講演会(浜松)のお知らせ

Posted by KON  on   0  0

11月26日東海地震と浜岡原発講演会(浜松)のお知らせ

※ムサシノさんのブログから、そっくりそのままコピーさせて頂きます。

~ここから~
以下は、長野県大鹿村の河本さんによる呼びかけです。

次のように、浜松で学習会をやります。どうぞおいでください。

想定よりもずっと小さな2005年10月9日の宮城県沖の地震で、女川原発岩盤の揺れが設計限界を超えたことも、ご紹介します。


公開勉強会 原発震災を防ぐには?

~迫って来る東海地震に備えて~

全世界をみわたして、強大な地震の起こる事がわかっている地域に集中的に54基も原子力発電所を建設しているのは日本だけ。

その中でも最も危険なプレート境界の真上にあるのは浜岡原発だけです。しかも東海地震はそう遠くない将来、必ず襲って来る事を地震学の専門家たちは警告しています。

マグニチュードが8~8.5或いはそれ以上と想定されるこの地震によって万一浜岡原発が苛酷事故を起こした場合、想定される急性死者は2万6000人、晩発性ガン死者は数百万にのぼるというシミュレーションもあります。私たち市民はどう考え、どう行動したら良いでしょうか。

そのために私どもは中部電力や国の原子力委員会の代表も交えた討論会を企画していますが、会場の都合と万全の準備を整えるために予定していた11月26日を来年に延期し、その代わりに同日、以下の勉強会を開くことに致しました。公開で無料です。多くの皆様の御参加をよびかけます。

主催 子供たちの生命と健康を守る会 (浜松)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

報告者:河本和朗氏(長野県大鹿村) 浜岡原発と地震

~浜岡原発は設計基準を超える揺れにおそわれる?

中央防災会議による東海地震の最新のシミュレーション(2001年)により、静岡県内の多くの場所で岩盤の揺れが浜岡原発の設計時に想定した揺れを超えることが明らかになりました。

地殻変動観測や深部構造探査からは、浜岡を含む御前崎付近が、岩盤が強く揺れる領域になることが予想されます。(河本氏は大鹿村中央構造線博物館に学芸員としてお勤めです)。

報告者:岡本 尚氏 (森植物生理研究室) 原発は安全か?

科学技術庁の報告「大型原子炉の事故の理論的可能性及び公衆損害額に関する試算」(1959年)を中心に、プルサーマルについても一言。


日時 2005年11月26日(土)14:00―17:00

会場 ホテルコンコルド浜松 3F 萩園の間(入場無料)

このカテゴリーに該当する記事はありません。