FC2ブログ

▼日々喜怒哀楽▲

近建築設計室のメインブログです。 最近気になっていること、喜怒哀楽して伝えたいこと等ジャンルを問わずUPします!

『静岡県防災士』

Posted by KON  on   0  0

本日、『静岡県防災士』になりました。
いままで延べ8日間みっちりと講座を受講させて頂き、大変参考になりました。

ただ、実際どのような時にこの『防災士』というものが役に立つのか今の段階では判りません。

地震発生時には、まず自分の身を守ることが一番大切なことです。
その後、家族を助ける。⇒周りの人を助けるという順番になります。

家族に被害が及ばないように事前に対策をしておくことが重要なことは言うまでもありません。

『自助・互助・共助』の防災士の理念を今後の生活や仕事に生かしていきたいと思っています。

富士山が噴火したらどうなるか

Posted by KON  on   0  0

『防災士』の講習会で知ったことをどんどん掲載していきます。

富士山が噴火したらどうなるか知って下さい。

富士山の火災防災対策

↓詳細はこちらから
富士山火山防災マップ

首都圏にも降灰します。
他人事ではありませぬぞ!

家具転倒実験動画集

Posted by KON  on   0  0

家具転倒実験動画集

『防災士』の講師の先生から教えて頂きました。

地震が来たら、どのような家具の揺れが発生するかを見て下さい。

『推定津波浸水域図』

Posted by KON  on   0  0

http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/lifeindex/life/disaster/bousai/hamamatu_j/map_04.html
浜松市の『推定津波浸水域図』です。
ご自分の住んでいる場所を是非ともご確認下さい。

生活圏内も要チェックです!
それを見ると、志登呂のジャスコ辺りはやばそうです…。

尚、実際の津波ではもっと奥まで浸水する可能性が大です。

防災士

Posted by KON  on   3  0

DSC03871.jpg

『防災士』の講座を今日から受講しています。
私がざらっと見渡した限り、建築士会や建築士事務所協会等の知り合いは2名のみいました。
その他は推測すると行政や特定事業所の方々ばかり…。

人命に関わる『建築士』ともあろうものがこの程度の認識で良いのか疑問である。

『時間がない』とか『そんな資格取ってもしょうがないじゃん』とか『メリットあるの?』とかその様な感覚でいてはいけないと思うのです。

これから、毎週1~2日、びっちりと講座が開かれていく。
今日の講座は静岡県立大学で開かれ、地震防災対策強化地域判定会会長『溝上恵』さんと神戸市理事『長手務』さんの公開講座が組まれていた。
その公開講座は満席であり、市民レベルでの防災意識の高まりを深く感じた。
当然、マスコミも取材に来ていた。

この講座を通して、建築(仕事)や生活に『防災』を是非とも生かしていきたいと考えている。

そんな訳で、仕事に影響が出ないようにしばらくの間、夜遅くまで仕事をしようと思う。

そうそう、地震防災のトップである溝上先生は、『東海地震はますます切迫している!』とおっしゃっていましたよ。
皆さん、心掛けが大事ですよ~!

すごいです!熱いです!感激です!

Posted by KON  on   0  0

※『livedoor』のブログのスピードが急激に落ちたので、しばらくの間こちらのブログ一本で行かせて頂きます。

 【小休憩ブログ】いっぽいっぽ歩き出そう!

 建築士会の『新潟県中越地震視察隊』の報告会を青年部会で行いました。
視察から間もないのに、熱血ヒロシさんがパワーポイントでまとめてくれてありました。

 すごいです!熱いです!感激です!

 被災地に行って終わりということではなく、次に結び付けていくことが重要だと思います。その意味でもこの報告会はとても重要だと思いました。
内容も整理出来ていいですね。いうなれば復習みたいな感じかな…。
 今後の活動としては、市役所さんや一般市民を結びつけて、『住民の防災意識を高める活動』に勤めていきたいと思っています。

残念ですが…

Posted by KON  on   0  0

地震について、本質的なところを斬ってみようと思います。

どうも、一般の人は『地震』が来たら自分は助かるということを前提に話をしているように思われます。
建物は地震で倒壊してから建て直せばいいと思っているようです。
はっきり言いますが、それでは考えが甘いと思います。

『阪神・淡路大震災』の時に亡くなった人の8割以上の人は建物の倒壊が原因です。
その人達は何を言いたかったでしょう?
ラジオを用意しておけばよかったということでしょうか?
水や食料を用意しておくべきだったということでしょうか?

そういうことは、生き残った人が言った言葉です。
それらのことは確かに重要なことで、あったに越したことはありません。
彼らが本当に言いたかったことは、間違いなく『家を耐震補強しておけば良かった』ということです。
彼らは死んでしまったから何も言うことが出来ません。

亡くなった方々の静かなる声に耳を傾けたとき、本当にしなければならないことが自ずと聞こえてくるのではないでしょうか?
以上のことから、地震対策には建物の補強と家具の転倒防止をまず最初にして頂きたい。
これが間違いなく最優先です。
そう、まず助かることが重要なのです。
その上でいろんな備えをして頂きたいと思います。

【地震対策プログ】を読んで

Posted by KON  on   5  1

仲山和智さんの【地震対策プログ】
というブログに出会いました。

地震対策情報を知りたいという方は寄ってみて下さい。
参考になると思います。

http://blog4.fc2.com/jisintaisaku/

このカテゴリーに該当する記事はありません。