草刈機…使いました!

仕事の合間に…草刈機を使って、畑の草刈りをして来ました~!
草刈機を買いました。

★before
20171004-01.jpg

★after
20171004-02.jpg

バッテリーが持った時間は10~15分くらいだったでしょうか…結果的には1.5通り分を刈れました。
多分、効率良く使えば、2通り分は刈れたと思います。

野菜のある所は手で草取りしました。 トータル時間は30~40分くらいでした。

ほんの少しの時間でも慣れていないと疲れるものですね。
(※素人には電動エンジンで必要十分といった感じでしょうか…。)
本業の方だと、半日とか1日単位で草刈機を使用するでしょうからビックリです!

★本日の収穫
20171004-03.jpg

ゴーヤの収穫が終わったら、畑を一旦綺麗にリセットして季節的に育てやすい野菜を育てようと考えています。
でも、何が適切なのかが分からない(爆)

【PS】 バッテリーを充電して、駐車場も草刈りするぞィ!

本日の収穫

ゴーヤを収穫しないといけないと思い、畑へ行って来ました。

★ゴーヤ棚
20170829-01.jpg

★本日の収穫
20170829-02.jpg

★2つ収穫時期を逃しました…やっぱり…。
20170829-03.jpg

★右のは2~3日後に収穫の様です。 iPhoneのメモ帳に予定を入れておきました。
20170829-04.jpg

★バターナッツ。 もう少しで収穫の様です。
ただ、コチラの収穫時期はシビアではないので、大雑把に管理している家庭菜園には育てやすい。
20170829-05.jpg

★小さいのも成長中です。
20170829-06.jpg

20170829-07.jpg

虫に喰われてしまうのがどれくらいあるか分かりませんが、楽しみです。
上手に育ったら、どなたかに貰って頂くかもしれません…。

あの時、感謝して食べていたか…今になって考えています。

昨日は、午前中に全専門工事業者さんに新しい工事の見積り依頼を掛け、午後はキャンプ道具のメンテナンスに行きました。

★最初は近場の佐鳴湖公園へ行きましたが、車がチラホラ停まっていて邪魔になりそうだったので、その他の公園をウロウロしつつ、最終的に浜名湖へ行くことになりました (苦笑)
人とちょっと違ったことをするには、ある程度の距離感が必要なのですよ!
20170824-01.jpg

★自転車で走る人達がチラホラいらっしゃいました。
20170824-02.jpg

★帰り道、畑に寄ってみました。 案の定、ここの所の雨降りで雑草は伸び放題だったのでした…。
20170824-03.jpg

★中途半端となってしまいましたが、少しの時間で草取りしました。
20170824-04.jpg

★ゴーヤと万願寺唐辛子を収穫。
20170824-05.jpg

★バターナッツの成長状況。 草取りしないと、実が付いていることすら分からないのです (苦笑)
20170824-06.jpg

★ゴーヤは今週末くらいに2~3個収穫出来そうです。
20170824-07.jpg

少しでも畑をやると…食べ物を作るということがどれほど大変で有難いことか、身に沁みて分かります。

自分が小さかった頃、祖父が無農薬で野菜を作っていたことを思い出します。
あの時、感謝して食べていたか…今になって考えています。

本日の収穫は、バターナッツと唐辛子です。

今年は夏休みを 8/13(日)~16(水) まで取ろうと思っています。

例年より少な目ですが…現場は佳境だし、子どもも何かと忙しいので、まぁそれでイイと思っています。

~~~~~
休みの日も規則正しい生活をする様に心掛けています。

今日8/13(日)は朝一番に畑へ行って、野菜収穫 & 手入れに行って来ました。

★before
20170813-01.jpg

★after…ネットを掛けて、少し草取りをして来ました。
20170813-02.jpg

★本日の収穫は、バターナッツと唐辛子です。
唐辛子は虫に食われているのが多かったので、それ以外のモノを収穫して来たのですが、赤くなってから収穫するのかそれともこういう品種なのか定かではありません…。 形からして赤くならなそうだったので採って来ました。
20170813-03.jpg

★地面に這う様に成長していたゴーヤの実をネットに縛りました。
20170813-04.jpg

★万願寺唐辛子
20170813-05.jpg

★成長中のバターナッツ
20170813-06.jpg

~~~~~
今日は幼馴染の家の初盆に顔を出すのと、両家の盆参りに行って来る予定です。

日本の夏休みって…行事がたくさんあるので、休みであって休みでない様な気もします。
初盆とかあると大変ですよね…。

自分の場合も初盆が数年続いた時は大変な思いをしたものです。
暑い日に…喪服を着てACの無いお寺で盆供とか、考えただけで辛そうです…。
今では夏の喪服も持っていますが、冬の喪服で出ていた時には往生したものです (苦笑)

それと、世間では夏祭りのある地域もある様ですが、これも考えただけで逃げたくなります (笑)


自分も取っていないのであまり言えませんが…
日本人は、純粋な休暇をもっと取るべきだと思いますよ~!
行事などに振り回されないフリー休暇をね!

棚作り と アユつかみ

雨がずっと降らない中…暫らく畑に行っていなくて心配でした…。

先週末に畑へ行ったら、野菜達は元気で嬉しかったです。

★before
20170731-1.jpg

★after 
草取りして、棚を作って来ました。
20170731-2.jpg

棚上部には棒が横に取り付けてあるので、次回行った時には20cm角のネットを掛けようと考えています。

~~~~~
土曜日は自治会の 『夏祭り』 でした。

★自分は、子ども会の役員として 『アユつかみ取り』 の担当で参加して来ました。
20170731-3.jpg

★子ども達には大盛況でした。
20170731-4.jpg

★子どもはアユつかみに参加するのが初めてだったので、随分手こずっていましたね…。
自分自身もアユつかみをやっているのを初めて見ました。
例年だと、気付いた時には既に終わっていた…という感じなのです(苦笑)
20170731-5.jpg

途中で、急に腹痛となったので早目に切り上げて来ました。
汗が大量に出て来てビックリしました。

★子ども達が獲って来たアユは、翌日に七輪で炭焼きして美味しく頂きました。
20170731-6.jpg

準備や片付けなどをして頂いた皆様に感謝です! 有難うございました!

日曜日は、打合せの予定でしたがずれてしまったので、家の周りの片付けや読書等をしてゆっくりと過ごしました。
(土曜日の夜も夏祭りに出掛けず養生していました。)

~~~~~
今年は、家族皆で出掛けるチャンスが少なそうなので、近場の 『観光ヤナ』 にでも連れて行ってやれたらイイな~と思っています。

草取りで、ぶっ倒れそうになってしまいました。

夕方…畑に水を撒きに行ったら、隣の畑にご迷惑を掛けている様な気がしたので、手で草を抜いて来ました。
1時間程度しか作業しなかったのですが、汗はタラタラでぶっ倒れそうになってしまいました。
最近は雨がそんなに降らなかったので、草は随分抜き易かったです。

★after
20170719-1.jpg

★右がバターナッツ、左が東京南瓜。
20170719-2.jpg

★1つ収穫しました。 今日で2つ目の収穫です。
20170719-3.jpg

★手前が仙台長茄子、奥が沖縄あばし苦瓜。
20170719-4.jpg

★万願寺唐辛子。
20170719-5.jpg

★春蒔5寸人参。
20170719-6.jpg

帰って来たら、速攻でお風呂に入りましたよ!

無農薬 & 無施肥の畑…草刈機が欲しいと思う今日この頃です。

梅雨で、想像以上に草ボーボーとなっていました…。

梅雨で雨が降ったお陰で、畑は想像以上に草ボーボーとなっていました…。 【7/8 (土) AM】

★before
20170710-1.jpg

★after 
1時間ちょっと掛けて、草取りしました。 暑かったです~~~。 感覚的には10kmランしたくらい (笑)
20170710-2.jpg

★手前がバターナッツ、その向こうが東京南瓜。
20170710-3.jpg

★今度、子ども達と収穫に来ようと思います。
20170710-4.jpg

★右列が沖縄あばし苦瓜、左列が仙台長茄子。
20170710-5.jpg

★春蒔5寸人参。
20170710-6.jpg

★万願寺唐辛子。 2列に植えたのですが、1列は育っていませんでした…。
20170710-7.jpg

また、最近は雨が降りませんね~~~。

水撒きしに来ようと思います!

唐辛子の移植をして来ました。

雨の合間に、唐辛子の移植をして来ました。 下の子が付き合ってくれて嬉しかったです (笑)

★現在の畑の様子
20170626-01.jpg

20170626-02.jpg

20170626-03.jpg

★プランターで育てた唐辛子
20170626-04.jpg

★上手く育ってくれればイイのですが…。
20170626-05.jpg

★新たに、プランターに種を撒きました。
20170626-06.jpg

~~~~~
お昼前から、子ども達を連れて 海湖館ウォットうなぎパイ・ファクトリー などをグルリと回って来ました。

20170626-07.jpg

20170626-08.jpg

20170626-09.jpg

~~~~~
★夕方には、子ども達を連れて選挙に行って来ました。
ココでこうやって投票用紙を受け取って、間違えない様に名前を書いて、投票箱に入れるんだよ…と、説明しながら投票して来ました。
20170626-10.jpg

子どもの前で、実際にやってみることは大切だと思います。

~~~~~
今年は、毎週末に佐鳴湖を1周以上走っています。
現在、ふくらはぎ痛のため、先週は休みました。

隙間時間の利用

★先日移植した 沖縄あばし苦瓜、仙台長茄子 です。 (6/7の様子)
20170617-01-0607.jpg

★6/17 水撒きをするのに間隔が空いてしまったので縮こまってしまっていました…。
一部は枯れていました…やっぱりもっと見に来ないといけません!
20170617-1.jpg

たっぷり水を撒いて来ました。

~~~~~
今日は、朝から…草花に水掛け、庭の草取り、ちょこっと片付け & 掃除、子どもの送り迎え、そして、畑の見守りとちょこちょこ動いています。

午後は打合せの後、子どもの送り迎え。 その後、夕食の準備…買って来るけど(苦笑)

その合間に ジョギングと内勤仕事をしたい と思っています。

隙間時間の利用で、時間は結構有効的に使えるものです。

おっと、気付けば10時…コーヒータイムの時間です (笑)

~~~~~
少し気になった話題をメモしておきます。

氣と気の違い。違いを知ったら使わずにいられなくなるかも。
GHQが封印した【靈】という漢字

品種が多過ぎて…迷走中です (爆)

昨日、畑の様子を見に行って来ました。

★先日移植した 沖縄あばし苦瓜、仙台長茄子
梅雨といっても雨が降らない。 水を撒いた方が良いモノか考え中…。
20170615-01.jpg

★GW前に直播したバターナッツ
20170615-02.jpg

★実がなっていました~!
20170615-03.jpg

そして、自宅のデッキで育てている苗の方は…。

★四葉胡瓜…おそらく猫がこの上に寝たのであろう。 成長は早かったが育った本数は少なく成長も止まっている様子。
20170615-05.jpg

★万願寺唐辛子 は遅ればせながら育って来ているので、もう少し成長したら畑に移植します。
20170615-06.jpg

★もっと早くからやっておけば良かったのですが、猫除けにネットを掛けてみました。
20170615-07.jpg

★現在、畑のスペースが半分くらい余ってしまっているので、コレ を見て何を植えようか考えています。
20170615-04.jpg

品種が多過ぎて…迷走中です (爆)

~~~~~
菜園生活を楽しむための種と苗と土
有限会社 浜名農園

元気アップ野菜を栽培するための家庭菜園応援団。「固定種」で地域的、文化的に特有な「在来種」も扱っています。

・・・代表取締役 中村訓さんにお聞きしました。
スーパーや種苗店で売られているタネは、ほとんどが「交配種」という一代限りの雑種なので、そこから種を採ってまいても同じものは育ちませんよね。そうした中で、浜名農園の「畑懐(はふう)」では「固定種」を扱っていると伺いましたが。

いのちつながる伝統野菜
種の陳列棚確かにうちの店の「畑懐(はふう)」で扱っているタネの8割は、「固定種」といって交配していない品種です。「固定種」では、何世代経っても同じ品種がつながっていくんです。
 「固定種」で生まれた野菜は、40数年前まではごく一般的に栽培され、普通に食卓に上がっていたものなんですよ。それが、規格がそろっているとか、見た目の美しさ、甘さが一番、などということから、品種改良された画一的な「交配種」が大半を占めるようになっていきました。
 このような「固定種」「在来種」を扱う種苗店は、埼玉の野口種苗とうちが、全国的にも先駆けです。他でも扱うようになりましたが、少ないです。コストは…、なんとか回収していますけどね。
 
・・・どうして普通のタネやさんが見向きもしない「固定種」を取り扱うようになったんですか。

もっとたくさんの野菜の品種を紹介したい
「固定種」を扱うようになったきっかけは、有機農業・エコロジー関係の仕事についていた頃に、野菜の品種がみんな一緒だなぁ、と。例えば、大根だと青首大根、トマトだと桃太郎しかない。もっとおいしくて、多様な品種があることを紹介したいと思いました。
 自分の家が種を扱っている店だったので(注:中村訓さんは3代目)、ここで「在来種」や「固定種」のタネを扱おうと思ったのが15年前の1996年です。屋号は「芽ぶき屋」から2005年に「光郷城 畑懐(こうごうせい はふう)」としてリニューアルしました。初めは通販でスタートして、有機農業や安心な食べ物関係に広めていきました。雑誌「田舎暮らしの本」「サライ」「チルチンびと」などに取り上げられるようになって、全国から注文が来るようになりました。
 
・・・そんな貴重な「固定種」のタネ、どんなルートで手に入れているのですか。

種取りは手間がかかる
扱うタネは、全国各地の採種農家から取り寄せています。タネを採るのは丁寧な作業が必要で、手間もかかるので、若い人はやりたがりません。そのため、年々採種ができる農家は減ってきています。マニアックな品種ばかりなので、国内で採種できないものも多く、3割ほどは海外に委託して栽培、採種しています。大手の種苗会社ではすでに7割ぐらいが海外生産なのですが、うちは国産がかなり多いです。でも、全体からしたら本当に微々たるものです。
 
・・・どんな人が「在来種」や「固定種」のタネを買っていくんですか。

元気アップ野菜を、みんなで食べて残していこう
小松菜の種プロの農家の人も家庭菜園を楽しんでいる一般の人もいらっしゃいますよ。プロの農家さんは、JA以外の販路を持っているような方で、「おいしい野菜をつくりたい」というこだわりのある農家ですね。
 例えば、小松菜も通常「交配種」ですが、これは栽培や出荷のしやすさから、チンゲン菜と掛け合わせて茎が立つように品種改良しています。そのため、元々あったカブ系の香りが薄くなり、小松菜特有の香りは強いのですが、後味にえぐみが残ります。固定種の「丸葉小松菜」では、食べた瞬間いろいろな味がして、最後に小松菜の香りと爽やかな味が残ります。食べ比べると、9割の人が固定種の方を「おいしい」と言いますからね。
 「うまくできた」「おいしかった」という声、反応が一番のやりがいになります。プランター1個でもいいから、自分で作って食べてもらいたい。食べることで品種を継続していってほしいと考えています。
 
・・・特に、家庭菜園ではプロが求めるような、一斉に成長して、一斉に収穫できて、などということは必要ないし、サイズも関係ないですよね。少しずつ収穫期を迎え、サイズも様々な「在来種」、「固定種」の伝統野菜は、古くて新しい可能性を秘めた品種と言えるのですね。

幸せは畑からやって来る…
自分たち家族が食べるものを、自らつくる、このシンプルで安心感のある家庭菜園が、どれだけ私たちの心と体を元気にしてくれているのか計り知れません。
 無農薬栽培や自然農法など色々ありますが、大切なのは食べる人が健康になること。カゼ菌いっぱいの部屋に入ってもカゼを引く人と引かない人がいます。それは免疫機能や抵抗力など体の「能力」の違いです。様々な環境のマイナス要因を排除するのは至難の業です。「まず自分から変わる…」そんな可能性を広げる野菜作り、土づくりを応援しています。

連絡先
(住所) 〒430-0851 浜松市中区向宿2-25-27
(電話) 053-461-1482
(FAX) 053-461-1461
(Eメール) mebukiya@nifty.com
(ホームページ) http://ameblo.jp/hafuu-kougousei/