FC2ブログ

うちわ記事の魚拓

■被災地支援うちわ集会 20110708 & 20110715 
http://weblog.city.hamamatsu-szo.ed.jp/tomitsukanishi-e/

■大船渡に手作りうちわ 心こめメッセージも 富塚西小 (7/16 08:23)
http://www.at-s.com/news/detail/100045630.html

 浜松市中区富塚町の市立富塚西小は15日、東日本大震災で被災した岩手県大船渡市に、5、6年生148人が手作りしたうちわ約200本を贈った。同日、同校で開いたうちわを発送する会で、全校児童414人がうちわに復興への願いを込めた。
 6月に児童が「被災地のために何かできることはないか」とアイデアを出し合い、うちわで暑い夏を乗り切ってもらおうと考えたのがきっかけ。うちわは今月上旬に市内の絵手紙教室講師から手ほどきを受けながら手作りした。花や野菜などの絵に「どんな猛暑にも倒れるな東日本」「大切な仲間ずっと一緒だよ」など、児童の心のこもったメッセージを添えた。
 集会では、児童代表がうちわを作った時の思いを発表した。松井萌さん(5年)は「住んでいる場所は違っても心は一つにつながっているという思いから、『上を向いて歩こう』と書きました」と語った。うちわは大船渡市教育委員会を通して現地で配布される予定。 


■《希望を持って》 静岡県民から被災者の皆さんへ

避難所などで懸命に暮らす東北の人たち。決して人ごとではない県民から被災者の皆さんにエールを送ります。

復興優先の政治を
 自転車によるシルクロード旅行記の出版準備を進める掛川市五明の貿易会社社長、影山淳さん(64)

 「私の知るスリランカの大手紅茶メーカーでさえ、被災地に対して精いっぱいの援助をしている。それなのにこの国の政治は党利党略に振り回されている。どんな理由があろうと、どの政党も今は被災地の復興に専念すべきだ。被災地の人には、希望を失わずに前向きに進んでほしいと願わざるを得ない」

笑顔を忘れないで
 被災地に送るうちわに絵とメッセージを書いた浜松市中区の富塚西小6年、吉良沙月さん(12)

 「はじけるような元気な笑顔を忘れないでほしいという思いで、花火の絵を描きました。皆さんが笑顔になれるように、募金などできるだけのことをやって、力になりたいです。つらいことは一人でかかえないでください」


【おまけ】 この方…知り合いなのですが、パワフルで素晴らしいと思います。
■被災児童への文具寄贈継続 浜松「どろんこサークル」(7/16 08:24)
http://www.at-s.com/news/detail/100045631.html

 浜松市の育児サークル「どろんこサークル」が、東日本大震災の被災地に文房具を送る活動を続けている。桑原歌苗代表は「これからも被災者のニーズに応じて必要な物を送っていきたい」と意気込んでいる。
 同サークルは、被災した子どもたちのために少しでも役立とうと震災後すぐに活動を始めた。金銭的な支援が難しい主婦や子どもでも協力できるようにと、文房具を募集して送っている。
 これまでに現地の小学校や避難所などに、鉛筆やノート、折り紙、クレヨンなどダンボール10箱以上を送付。15日には、浜松市北区三方原町の桑原代表の自宅で、集まった文房具の箱詰め作業を行い、現地の小中学校に全国から集まった物資を配布している宮城教育大への発送準備を整えた。
 桑原代表によると、被災地では、ノートや鉛筆などが集まっている一方、電卓や辞書などが必要になっているという。桑原代表は「被災地と連絡を取りながら継続的に支援したい」と話している。

そして、1ヶ月が過ぎ…。

『うちわ』 を被災地に送り届けたいだけなのに…。

『うちわ』…やめます!

この収穫は大きい!

【20110716 中日新聞 朝刊】
20110716-1.jpg

や~紆余曲折あったけど良かったです。
昨日、全校生徒の前で保護者代表として、話をして来ました。

『まず大人では、こんなに上手く描けないだろうということ』
『いままでTVや新聞で見たどれよりも品があり、素晴らしいモノであるということ』
『お金では換えられない素晴らしいことをしたということ』
『今回したことは、必ず大きくなった時に役立つ時が来るということ』
『下級生は上級生の行ったことをしっかり見て、上級生になった時にまた何かしらして欲しいということ』
『何かするという行動に自信と誇りを持って欲しいということ』


子ども達にとっても、被災地の方々にとっても…少しは役に立てたのではなかろうか。
必ず何か得たコト・得たモノがあるだろう。

学校関係者の皆さま…有難うございました! 感謝しています!

『熱中症チェッカー』

昨日、UPしようと思っていたんだけど…歯痛で出来なかった話題。

学校で校長先生より 『熱中症チェッカー』 を買ったので是非見て下さいということで保健室へと案内されました。
この 『熱中症チェッカー』 という機械 … 熱中症にならない様に スポーツ時の目安 を客観的データとして示してくれるみたいだ。
WBGT(C)という数値は、温度ではなくて計算式で求められる数値らしい。

20110607-b1.jpg

20110607-b2.jpg

20110607-b3.jpg

■ちょっと 『熱中症チェッカー』 について調べてみました。
http://www.tipsun.com/www.e-daimon.co.jp/products/fuso-8758/index.html

地球温暖化、ヒートアイランド現象により熱中症の事故が増加中!
でも、WBTG値を把握すれば、熱中症は予防できます!

■熱中症とは?
発汗により体内の水分や塩分(ナトリウムなど)が失われ、バランスが崩れることによって、体内に熱が溜まり著しく体温が上昇する状態のことです。重症になると命に関わる場合もありますが、予防法を知っていれば防ぐことができます。スポーツはもちろん労働作業、屋内でも発生します。

■WBGTとは?
Wet-Bulb Globe Temperature(湿球黒球温度)の略号のことです。人体の熱収支に関わる4つの環境要素(気温、湿度、輻射熱、気流)を取り入れた指標で、室内で日射のない場合と室外で日射のある場合で計算式が異なります。FUSO-8758はこの室内(INモード)と室外(OUTモード)の選択で、現場に応じたWBGT値を表示します。


※この機械を使って…保健の先生が運動場にて定期的に数値を測って頂き、危険な数値の範囲に入ると運動を取り止めたりするとのこと。
先生方には、子ども達のためにいろいろと気を遣って頂いて、とても有難いなぁと思いました。

感謝しています!

【おまけ】
自分の 『放射線量測定器』 もお見せしました。

何事も機械で客観的データに基き判断される時代となって来ているのでしょうか?
勘も大切ですが、こういうツールも大切ですね!

昨日がピーク!

突然ですが、PTA活動の中で今年一番のピークが多分昨日であったと思う…。
というのも…今日は、 『常任理事会』 & 『理事会』 & 『夏祭りのリハーサル』 があったからです。

昨日は午前中に会って話し合いをし…夜には主要な3人でメール合戦して、今日のための書類を何とか間に合わせることが出来ました。
『理事会』 に参加する方は、それに参加するだけでいいのですが、自分達には事前の準備があります。

一段落して…ヤレヤレです。
結局今日は、早朝より2時過ぎまで学校にいました。

帰って来て、昼食を食べようとおにぎりを買ったのですが、手術した歯が痛くて上手く口が開きません…。
抜糸をするまで締め付けられていて鬱血しているんだと思う…コチラは今日がピークかも…痛いです (泣)
そ~いや~前回も手術直後より後の方が痛かったっけ。

ど~やらこ~やらおにぎりを食べて仕事をしようと思ったのですが、学校にいた間全く水分補給をしなかったせいでヤル気がおきません。
なので…ちょっとブログを書いて、クールダウン&リフレッシュしています。
実はプールにでも行ってしまおうかとも考えてしまったのだが、流石にそれではお客さんに怒られてしまう (笑)
体調が整ったら仕事に移ります。

そして、未実施で気になっていた 『放射線測定』 ですが、どなたかが行ってくれたみたいでコチラも一安心しています。
とても有難いと思っています。

それと、バタバタしていて入金先を間違えて振り込んでしまったお金も口座に戻って来たのでヤレヤレです。
何たって…21万円も振り込んじゃってたから、内心ヒヤヒヤだったのです。

※返ってこない場合もあるらしいですよ…皆さんもお気をつけください!

夏祭り時の被災地支援として東北の銘菓を少し販売しようと思っていたのですが、すごい人気です。
 
  仙台銘菓「萩の月」 メーカーが避難所へ大量提供する
  かもめの玉子
  「かもめの玉子」の社長さんが撮影した津波の動画が話題に たった数分で街が・・・
  南部せんべい 被災地支援にも取り組みました。

や~みんなに聞いといて良かったよ!
当初は10個くらい取り寄せればいいかな~なんて考えていたらその数倍だもんね…。


~まだ歯を抜いていない人へ~
すみません…あまりに痛いのでちょっと調べてしまいました。

【水平埋伏智歯の抜歯】
水平埋没親知らず抜歯 奮闘記
親知らず抜歯ストーリー

ちょっと…グチです。

PTA会長をしていると…全てのことがコチラに入って来ます。

それぞれで言いたいことはあるだろう。
ま~とりあえず聞くからいいけどさ…。

自分の主観のみで物事を考えるのは良くないと思いますよ。
めんどくさいとか、大変だとか…たまには客観的見地に立って物事を考えることは必要でしょう。

そうすることによって、絶対いいことも見えて来るだろうから!
物事はプラス思考で考えてくれ! とだけ書いておく。

※読んだ人は、そうしてね

『資源回収』 の内訳が分かったよ!

先週の日曜日にPTA主催で行われた 『資源回収』 の伝票が業者さんから上がって来ました…内訳が、やっと分かりましたよ。

コレは市に提出用の報告書だから載せてもいいだろう…。

 ・アルミ缶…65円/kg
 ・新聞…4円/kg
 ・雑誌…3円/kg
 ・段ボール…4円/kg
 ・その他紙類(牛乳パック等)…4円/kg
 ・古着類…0円/kg
 ・一升瓶…酒屋さんにて
 ・ビール瓶…酒屋さんにて


↑ コレを見れば一目瞭然…子ども達のために、アルミ缶を重点的に集めようではないか!

こういうところが明確になって来ると俄然ヤル気が増しますな~!

※基本的には… 『協力金対象品目』 ということだから、市からお金をもらうのだろうか?
業者さんからお金をもらうのか?
それとも、両方からお金をもらうのか?

⇒ 少し会計を調べてもらったら…業者さんから入って来るのが上記金額で、この伝票の数量を元に市からもお金が入って来るみたいだ。

業者さんによって買取金額にかなり違いがあると、ある中学校のPTA会長が言っていた。
土曜日に会長研修があるから、ちょっと聞いてみようと思う。
少しでも利益を出す…コレ民間の基本である。
業者さんの言い値ではいけないのだ!

『夜回り先生』 のお話

泣きあり…笑いあり…考えることあり…や~実に内容が深かった…。

20110618 夜回り先生-2

自らの経験に裏打ちされたその言葉は…とても迫力があり強烈に訴えかけるモノがありました。
ものすごい経験をされている方です…ものすごい仕事をされている方です。

子ども達だけではなくて、社会全体に対する提言などもあり、絶対に聞いた方が良い講演だと思いました。
中高生から我々子育て世代、おじいちゃんおばあちゃんに到るまで、全ての世代で必見ですよ!
も~拍手が全然鳴り止まなかった…。

とても一言では表現出来ないので…リンク貼らせて頂きます。

※小学校のPTA図書で 『夜回り先生シリーズ』 でも揃えないといけませんナ…。

■水谷修(夜回り先生)の春不遠
http://www.koubunken.co.jp/mizutani/main.html

■夜回り先生のエッセー
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/yomawari/

■夜回り先生と呼ばれる 水谷修さん とは…
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E8%B0%B7%E4%BF%AE

20110618 夜回り先生

■日本中で、人口当たりの犯罪発生率が1番高いのは静岡県である。
その中でも特に多いのが、浜松市と沼津市である。

■日本中で一年間での自殺者数は約3万人と言われているが、実際の数は10万人くらいである。
多くが事故死とかで処理されていると言う。

『スクールガードリーダー』 さんのお話

『三校合同研修会』では、この地域の安全を見守ってくださっている 『スクールガードリーダー』 さんである横山さんのお話をお伺いしました。 (元警察官の方)

■子どもに対して
20110618 横山さん-1

■大人に対して
20110618 横山さん-2

■犯罪の傾向
平日の下校時間、1人で歩いている女の子が路上で狙われる確率が高い。
統計では…被害に遭うのは86%が女の子で、1人でいる時に遭うのが71%である。
『ここなら安全!』 と学校などで指定した場所、具体的には公園などで被害に遭うことも多い。
その理由は大人の目が無いから…安全と決めたのはいいけど、大人は誰も見ていない。
団地は特に危険である…人が誰も歩いていないから、犯罪がしやすいのである。

■対策として
『こどもの見守り』 として、日常生活の中でみんなが出来ること!
そんなに特別なことをしなくてもいいんです…ちょっとした心掛けでいいのです。

 ・こどもの登下校時の時間帯に軒先に出てこどもを見守る。
 ・犬の散歩やウオーキングを登下校時の時間帯にする。
 ・夕方の買い物をこどもの下校時間に合わせる。


大切なのは…大人の目です。
犯罪予防のために、 『監視していますよ!』 という大人の目を地域のみんなで出すことです。

地域の安全は地域のみんなで!

自分も学区内を極力回ってみようと考えています…ちょっとはみ出るけど (笑)

『講演会日和』

今日は…青少年健全育成会関係の 『講演会日和』 でした。

午前中は、中学校区の 『三校合同研修会』 … そして午後は、 『明るい社会づくり運動浜松地区協議会』 がありました。

『三校合同研修会』 では、当校が幹事校ということもあり、今まで準備が大変でしたが、今日は当初思っていたより、スムーズにコトが運びやれやれでした。
これも皆さんの多くの方々のご協力のおかげです…有難うございました。

内容が濃過ぎて…ちょっとまとめるのが大変ですが、順次UPする予定です。

午前と午後の内容は一部リンクしているものもあり、より深く勉強しちゃったぜ~と感じました。
かなり有意義な時間を過ごすことが出来ました。

ヤ、ありがたや~!

【今週のスケジュール】
・6/16 (木) 13:35~ …『交通安全リーダーと語る会』
※通学の際の交通安全について小学生と一緒に考えるもので、参加者は交通安全リーダーである小学校6年生と、地元警察管、自治会長の方々、PTA役員の方々です。
・6/17 (金) 12:30~ … 小学校PTA主催の 『夏祭り』 の1つの目玉である 『ミニイベント』 の説明会
・6/18 (土) … 午前中は 『三校合同研修会』、 午後は 『明るい社会づくり運動浜松地区協議会』
・6/19 (日) … 早朝より資源回収


ビックリするくらいあるでしょ?
はっきり言って、多少は仕事に影響出ます…ただ長い目で見れば、これらのことは必ず役立つと思うから出来るだけ積極的に参加するつもりです。

これらは人として成長出来そうだから、ありがたいのである。

女の子はすごい!

昨日の昼に、小学校PTA主催の 『夏祭り』 の1つの目玉である 『ミニイベント』 の説明会を児童に対して行いました。
いや、これはかなり大きな目玉だな。

今年の参加グループは…15組中なんと女の子が14組で、1年生から6年生まで幅広く参加してくれます。
演目はダンスや楽器演奏、マジック、一輪車などなど。
どうした! 男の子チームは…完全に押されているぞ!

自分が普段やっていることでなくてもいい…得意でないことにも挑戦して欲しいな~。
いろいろな可能性がある子ども達ですから、是非様々な角度から自分の可能性について考えて欲しい。

子ども達はとても楽しみにしてくれていて、保護者側としてもとても嬉しく感じました。

2011年、この小学校での 『夏祭り』 はこの1回限り…今年のテーマは 『みんなでエンジョイ!』 なのだ。
子ども達にとっても保護者にとっても、記憶に残る 『エンジョイ』 となる様に子ども達や保護者をサポートして行きたい。

大人も楽しまないといけないのじゃ~~~!