希望という名の光

被災された人々をはじめ…日本のみなさん、頑張りましょう!



↑ フルスクリーンでご覧ください。

★ リアル正義の味方の話です!

← ※リンク先に追加しました。

■気になること調査隊
http://konar.seesaa.net/


『想い出のランドセルギフト』

小学生や中学生…その親御さんに、知って頂きたいコトがあります。

不要になったランドセルがございましたら、このことを 少し 考えて頂ければ有難いです。
http://www.joicfp.or.jp/jp/donation/things_to_donate/omoide_ransel/

why_ransel_header.jpg

~ランドセルをもらった子どもたちからの声~

バゼード・カイール小学校に通う、アマヌラー・カーン君
「通学するときに、教科書やノートが傷まないので嬉しいです。
自分の将来の夢に向かって頑張りたいです。」

カラエ・アクーンド女子小学校に通うザーグナさん
「戦争で、何もかも壊されてしまいました。復興にはまだまだ時間がかかります。だから日本人からこんなに素敵なプレゼントが贈られてくるなんてとても嬉しいです。」


thanks.jpg

~ランドセルが届いたよ!~

現地のパートナーNGOアフガニスタン医療連合のスタッフによって、ランドセルがナンガハール州のガンカイル県の小学校に到着しました。

*

アフガニスタン医療連合の代表・ババカルキルさんたちは、青空教室を含む村々の学校を訪ね、ランドセルの配布リストを片手に、ひとりひとりにランドセルを配ります。

子どもたちは、生まれて初めて見るランドセルに好奇心いっぱいです。あわてて逆さまに背負う子、大切に持ち帰る子、友達と見せ合う子、背負って自慢げに歩く子。色も男女に関わらず好きなものを背負っています。でも、女の子は黒色、男の子は赤色をほしがることが多いとか。日本の小学校を卒業したランドセルはアフガニスタンの子どもたちに背負われて、第二の人生をスタートします。

*

ナンガハール州は長い内戦の間に国外に避難していた多く人々が帰還している地域です。住民の多くは家や家畜を失い、経済的に苦しい生活を強いられています。今回、ランドセルが配布されたことにより地域住民の心に希望が灯り始めました。村人が集まり、子どもたちに必要な基礎教育を受けられる学校建設や教職員の質の向上など教育環境づくりについて話し合いました。ランドセルの配布を通して、地域の親たちの間でも教育への関心が高まり始めています。



※自分自身、数年前に 『チャイルドスポンサーシップ』 で、スリランカのお子さんを援助していましたが、ある時多額の税金を払わなくてはいけなくなり、残念ながら解約してしまいました…。

でも…今出来ることはしたいと…そう思っています。

『クリックで救える命がある。』

随分前に記事にしたことがあると思うのですが、もう一度!

■ クリックで救える命がある。 ⇒ http://www.dff.jp/

dffbanner200909_01_171x70.gif

beginner_words.gif

HP画面上にも載せましたので、競い合ってクリックお願いします!
http://www.kon-arch.com/

■ブログをお持ちの方へ
この バナー を貼って頂ければ告知出来て良いと思います。

■メールを送られる方へ
メールをされる際、この リンク先 を貼って頂ければ有難いです。


自分自身、何年か前にはメールに添付したりしていたのですが、最近はしておらず…これからは気をつけるつもりです。

今出来ることから始めませんか!

エイズ=生物兵器説?

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060614
ネットサーフィンしていたら、ちょっとすごいブログを見つけました。
『エイズ=生物兵器説』って本当なんでしょうか?

でさ~、ここのブログに書いてある内容って、すごいことばかりなんだけど…。

美しい国

31745087.jpg

安倍さん、大丈夫かいって数日前に思ったけど…。
実は2週間くらい前に安部さんの『美しい国へ』っていう本を買っていた。
国民の代表である国会議員が選んだ総裁であるならば、国民は信じるしかないかな…。
ちょっと、自分なりにこの人について調べてみようと思う。

危険極まりない情報

『きっこの日記』に危険極まりない情報が載っていたのでUPさせて頂きます。

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20060921
2006/09/21 (木) 安倍晋三が改憲を急ぐワケ
※是非とも読んで下さい!

アメリカの戦争による経済発展は砂上の楼閣であると思います。
一握りの特権階級が世界を支配している現実は到底許される物ではない。
世界において一番危険な国は間違いなく『アメリカ』であると私は思います。
自分達が裕福になるために他国に戦争を仕掛けるなんてさ、サイテーですぞ!

私達はそんなことに絶対巻き込まれてはいけないのだ!