断熱性能を上げたい

住宅建築は、ここ数年で 断熱性能 が飛躍的に上がって来ています。

仕事でいろいろ調べていると…我が家でも窓の断熱性能を上げたいと思い始めています (笑)
間取りは気に入っていますが…。

【ロフトの小さい窓】…LDKで温められた空気が全てロフトに行くので、たまに結露が発生します。 遮光も兼ねて使ってみたい。
※また、この冬はガスファンヒーターをメインとして使用するのではなく、ACをメイン暖房として使ってみたい。
ハニカムスクリーンレフィーナ
https://www.nichi-bei.co.jp/jsp/product/191/pdf/Refina2545_detail.pdf
このタイプだと、W=3,000 の大開口まで製作可能なんですね。
(ハニカムスクリーンって、MAXで2,000までかと思っていましたよ…。)

【LDKの窓】…窓ガラスを替えるだけですから、スッキリですね。 普通のLow-Eガラスでも良い。
真空ガラス スペーシア

【ロフト】…思いの外使うことが多い空間となっていて、壁 & 天井がクロス貼の中で、湿度調整材として使いたい。
エコカラット


我が家も10年が経過しました。

今後、お客様へのご提案も含めて、費用対効果を考えながら良いモノは使っていきたいと思っています。


~~~~~
#浜松 #住宅 #新築 #リフォーム #見学会 #オープンハウス ←エコカラットを使いました。
【限定公開】7/13(土)~22(日) 完成現場見学会を開催します!

kondo.jpg

★★★★★★★★★★★★ 建築を通して明るく楽しい未来を創造 ★★★★★★★★★★★★★

・オープンハウスの情報はコチラ ⇒ オープンハウス
・リフォーム相談はコチラ ⇒ 一級建築士による 『リフォーム相談』 開催中!

近建築設計室 一級建築士事務所 
〒432-8002 浜松市中区富塚町2259-10
TEL:053-571-5227 FAX:053-474-4690
携帯:080-5103-0850 (一級建築士 近藤正宏)
info@kon-arch.com
http://www.kon-arch.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『健康で暮らせる空間』 をご提案します!

今回は、建物と健康と経済性について 書いてみましたので、じっくり見て頂けると嬉しいです。


建築については…予算が重要なキーワード で、通常は イニシャルコスト (建築費) を優先に決めることが多いのですが、これからは ランニングコスト に比重を移してトータルでより良いご提案をすべきと考えております。

先日頂いたYKKの小冊子に、『温度と病気リスク』 について、分かりやすく載っていましたのでご紹介します。

※画像はクリックして拡大して見られます。 (下記5画像)
20180715-01.jpg

20180715-02.jpg

20180715-03.jpg

20180715-04.jpg

20180715-05.jpg


~~~~~
予算との兼ね合いもありますが、今後は新築時には 樹脂窓を標準仕様 にしようと考えております。
また、リフォームでは…上記画像にあります様に熱損失が一番大きい 『窓』 を重点的に改修すべく 『真空ガラス』 への交換を推奨致します。 (今までにも数件改修工事をさせて頂き、温熱環境が大幅に改善されたとのことでした。)

窓の断熱改修は、費用対効果が良いですからね!

真空ガラス


★単板ガラスでは寒過ぎるので、替えた方が良いと思います。



~~~~~
本日、制震装置 取付の打合せに行って来ました。

制震装置


今回の物件では内装材を一新します。 折角なので 『健康リフォーム』 として、部分的に エコカラット を使用するご提案をさせて頂きました。

エコカラット


玄関、LDK、寝室、トイレ等に部分的に使用して、より良い室内環境で暮らして頂ければ幸いです。


~~~~~
#浜松 #住宅 #新築 #リフォーム #見学会 #オープンハウス ←エコカラットを使いました。
【限定公開】7/13(土)~22(日) 完成現場見学会を開催します!

kondo.jpg

★★★★★★★★★★★★ 建築を通して明るく楽しい未来を創造 ★★★★★★★★★★★★★

・オープンハウスの情報はコチラ ⇒ オープンハウス
・リフォーム相談はコチラ ⇒ 一級建築士による 『リフォーム相談』 開催中!

近建築設計室 一級建築士事務所 
〒432-8002 浜松市中区富塚町2259-10
TEL:053-571-5227 FAX:053-474-4690
携帯:080-5103-0850 (一級建築士 近藤正宏)
info@kon-arch.com
http://www.kon-arch.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『浜北中条 Sさんの家』 の完成写真を撮って頂きました。

現場チェックを兼ねて、取り急ぎiPhoneにて撮って来ました。

★玄関ホール-1
20180705-s001.jpg

★玄関ホール-2
20180705-s01.jpg

★LDK-1
20180705-s02.jpg

★LDK-2
20180705-s03.jpg

★LDK-3
20180705-s04.jpg

★スタディコーナー
20180705-s05.jpg

★キッチン~土間
20180705-s06.jpg

★パントリー
20180705-s07.jpg

★客間
20180705-s08.jpg

★洗面所
20180705-s09.jpg

★土間収納
20180705-s10.jpg

★玄関収納
20180705-s11.jpg

★階段
20180705-s12.jpg

★2階ホール
20180705-s13.jpg

★主寝室
20180705-s14.jpg

★クローゼット
20180705-s15.jpg

★子供部屋
20180705-s16.jpg

★階段~LDK
20180705-s17.jpg

~~~~~
#浜松 #住宅 #新築 #リフォーム #見学会 #オープンハウス
kondo.jpg

★★★★★★★★★★★★ 建築を通して明るく楽しい未来を創造 ★★★★★★★★★★★★★

・オープンハウスの情報はコチラ ⇒ オープンハウス
・リフォーム相談はコチラ ⇒ 一級建築士による 『リフォーム相談』 開催中!

近建築設計室 一級建築士事務所 
〒432-8002 浜松市中区富塚町2259-10
TEL:053-571-5227 FAX:053-474-4690
携帯:080-5103-0850 (一級建築士 近藤正宏)
info@kon-arch.com
http://www.kon-arch.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ブロック塀の改修工事、承ります!

先日、ブロック塀の改修工事の依頼を受けました。

★先週、外構屋さん と調査にお伺いしました。
20180702-01.jpg

20180702-02.jpg

★もっと安く出来るかもしれないと思い…昨日、解体屋さん と調査にお伺いしました。
20180702-03.jpg

金額だけで判断は難しいものです。
比較検討した結果…全部壊すのであれば、解体屋さん。 部分的に壊すのであれば外構屋さんが良いのではないかと思っております。
各業者さんによって使っている機械が違っていますので、適材適所で工事して頂くのがベストな選択なのでしょう。

~~~~~
もう1件、以前からブロック塀の開口を広くしたいと言われていたお客様。

★昨日、解体屋さんと調査に行って来ました。
20180702-04.jpg

★先日のブロック塀倒壊を考慮して、ついでに上部3段程撤去されることを勧めて来ました。
※写真を整理していて思ったのですが、ここは通学路だし小さな子どものことを考えると、ブロック1段残してフェンスが良いかもと思い直しております。
(ブロック3段取るだけと、ブロック1段+フェンスの両方をご提案しようと思っております。)
20180702-05.jpg

★門柱と曲がっている壁は撤去して、開口幅を広げます。 駐車場からの見通しが良くなるので安全に出られて良いですね。 お客さんは車を擦っていたことあるし…。
20180702-06.jpg

ブロック塀の改修に関しては…目隠しはある程度したいでしょうし、土留め兼用の場合もありますので、一概に判断出来るモノではありません。 当然予算のこともあります。
どんな場合でも、ケースバイケースでお役に立てられる様に動きたいものです。
人命に関わる予防的な仕事が出来ることに、やりがいを感じております。

ブロック塀の改修工事も承りますので、お気軽にご連絡ください!

昔に作られたブロック塀で施工基準通りに作られているモノは、ほぼ皆無だと思っております。
現状が適合していないのはレアなことではありませんので、お気軽にご連絡ください。



※条件が合えば、補助金も申請出来ますね。
ブロック塀等の撤去・改善の補助制度について

ブロック塀等撤去改善事業
撤去費の補助の条件
以下のすべてに該当する塀を、すべて撤去する場合。ただし、幅員4m以上の道路沿いで、高さが80cm未満、またはブロック塀の場合は2段以下のものは残すことも可能です。

 ・ブロック塀・石塀・レンガ塀・万年塀等
 ・建築基準法上の道路または浜松市地域防災計画による避難場所等に面している塀等
 ・道路からの高さが80cm以上、かつ、ブロック塀の場合は3段以上の塀
 ・市が実施する事前現地調査を受けた塀(調査の申込みは建築行政課まで)



~~~~~
別件では、制震装置 取付の依頼も受けています。
出来るだけ速やかに動きたいものです。


~~~~~
高断熱・高気密仕様のQ1(キューイチ)モデルが出来ました。

#浜松 #住宅 #新築 #リフォーム #見学会 #オープンハウス
kondo.jpg

★★★★★★★★★★★★ 建築を通して明るく楽しい未来を創造 ★★★★★★★★★★★★★

・オープンハウスの情報はコチラ ⇒ オープンハウス
・リフォーム相談はコチラ ⇒ 一級建築士による 『リフォーム相談』 開催中!

近建築設計室 一級建築士事務所 
〒432-8002 浜松市中区富塚町2259-10
TEL:053-571-5227 FAX:053-474-4690
携帯:080-5103-0850 (一級建築士 近藤正宏)
info@kon-arch.com
http://www.kon-arch.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

フラッグシップモデルを検討中!

現在、フラッグシップモデルを創るべくいろいろと検討中しています。

~数値が小さい方が性能が高いです。~
Q=2.7、UA=0.87:次世代省エネ基準レベル
Q=2.0、UA=0.60:ZEHの4地域以西レベル
Q=1.9、UA=0.56:次世代省エネ基準の東北レベル
Q=1.6、UA=0.46:次世代省エネ基準の北海道レベル
Q=1.4、UA=0.4前後:カナダのR-2000住宅レベル、ZEHの北海道レベル
Q=1.0、UA=0.35前後:次世代省エネ基準の4地域の1/3~1/4以下レベル
Q=0.7、UA=0.3前後:パッシブハウスレベル


今まで通りに造れば、次世代省エネ基準の東北レベルのQ=1.9、UA=0.56くらいの数値となるでしょう。
ここの所、急に騒ぎ出している 『ZEH』 の基準はそのままのレベルで通るか、少し仕様を変えればクリア出来る基準くらいだと推測しています。
個人的には、それではどうも中途半端な気がするので、より進んだフラッグシップモデルを検討しています。

いろんな本を読んでいて、Q=1.4 (暖房エネルギー消費量がQ=1.6の2/3程度) ~ Q=1.0 (暖房エネルギー消費量がQ=1.6の1/2程度) くらいを目指そう と考えています。
ということで Q1 (キューイチ) に設定することにしました。

企業秘密なので詳細は控えますが…
【外壁】 外断熱は経年変化を考えるとお勧め出来ないので、充填断熱+付加断熱
 (※外壁材をビスだけで保っている構造に不安がある。)
【天井】 断熱材のダブル
【床】 基礎断熱もお勧め出来ないので、床下断熱
 (※基礎の床下空間を室内空間とすることにどうしても抵抗があるのです。)
【サッシ】 樹脂
【換気扇】 熱交換型換気扇としたいが、ダクトは不採用
 (※カビが生えたら掃除出来ない…。)
にて計画しています。

計算では、クリア出来そうな数値でしたので、現在の仕様と比較してコストアップがどれくらいなのか実際に積算してみるつもりです。 多分、後半月もあれば出来ると思う。

頑張ろう!

【参考】
単位換算テーブル
電気料金計算


~~~~~
#浜松 #住宅 #新築 #リフォーム #見学会 #オープンハウス
kondo.jpg

★★★★★★★★★★★★ 建築を通して明るく楽しい未来を創造 ★★★★★★★★★★★★★

・オープンハウスの情報はコチラ ⇒ オープンハウス
・リフォーム相談はコチラ ⇒ 一級建築士による 『リフォーム相談』 開催中!

近建築設計室 一級建築士事務所 
〒432-8002 浜松市中区富塚町2259-10
TEL:053-571-5227 FAX:053-474-4690
携帯:080-5103-0850 (一級建築士 近藤正宏)
info@kon-arch.com
http://www.kon-arch.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

各部屋の仕切り方は、家族の成長によって臨機後編に変えられる様に!

本日は、子ども部屋の仕切り方等について書いてみます。


【子ども部屋を一時的に仕切る場合】

★before
20180621-1.jpg

★after 
※上部空間が繋がっていると、ACも利きますし圧迫感もありません。 
同性同士の場合はオススメです。
20180621-2.jpg

★高さが1.80mくらいあるので、収納力も上がって良いですね。
20180621-3.jpg

【参考】
子ども部屋に、簡易仕切りをする。
子ども部屋の仕切り壁兼収納棚の加工をしました。

近建築設計室では、子ども部屋を建築当初から仕切ることはオススメしておりません。 最初は家族全員で広い子ども部屋に寝られる方が良いと思うからです。 また、子どもさんが将来何人になるかも分かりませんので、臨機応変に変えられる様にしているのです。 最初から仕切っておくと、物置 or 開かずの間となってしまう可能性が大なのです (苦笑) 後になってお金が掛かるから最初から作ってしまうというより、その都度無駄なく有効利用出来る方が良いと思います。
とは言っても、ご希望であれば最初から仕切りますが…。



【部屋を仕切りたい場合】
※フリースペースと部屋とを仕切られる様にした参考例です。

★before
20180621-4.jpg

★after
20180621-5.jpg

20180621-6.jpg


壁で仕切ることもありますが、家族の成長によって臨機後編に変えられる様に しておいた方が何かと都合が良いと思います。 (タモ合板の目透し貼りや、コルクタイル貼りだと掲示板とかにも利用出来て良いですね。)

先日お邪魔させて頂いたお宅では、明るさも考慮して前者の様に収納壁として仕切る予定です。


~~~~~
#浜松 #住宅 #新築 #リフォーム #見学会 #オープンハウス
kondo.jpg

★★★★★★★★★★★★ 建築を通して明るく楽しい未来を創造 ★★★★★★★★★★★★★

・オープンハウスの情報はコチラ ⇒ オープンハウス
・リフォーム相談はコチラ ⇒ 一級建築士による 『リフォーム相談』 開催中!

近建築設計室 一級建築士事務所 
〒432-8002 浜松市中区富塚町2259-10
TEL:053-571-5227 FAX:053-474-4690
携帯:080-5103-0850 (一級建築士 近藤正宏)
info@kon-arch.com
http://www.kon-arch.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

いろいろな講習会に参加します。

先日、2日間缶詰で勉強する講習会に申し込みました。
かなり高額でしたが、思い切って受講に申し込んだのです。
※申込者が一定数に届かなかった場合は、キャンセルとなるらしいので心配です…。

マニュアルだけではうまくいかない省エネ設計
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本質を腑に落ちるまで学び、習得する2日間です
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
大手住宅メーカーをはじめ、省エネ性能の高い家を売りにする
動きが目立ってきました。

国が目指す2020年の省エネ基準の適合義務化やエネルギー価格の
上昇、災害時のエネルギー確保に対するニーズの高まりといった
周辺環境が後押ししているのです。

省エネ住宅を求める顧客は着実に増えています。

本セミナーでは住宅の省エネ設計分野で第一人者である
松尾和也氏が、設計の本質を講義と演習で分かりやすく、
そしてしっかりと理解できるように指導します。

PCを用いた実践的な演習も行う予定です。
講師の目が行き届く少人数制の2日間連続講義を通じて、
深く集中的に学べます。

【1日目】
 ●講義1 熱環境の基本
 ●講義2 湿り空気線図と水蒸気
 ●講義3 冷暖房負荷の計算とエアコン設計手法

【2日目】
 ●講義4 パッシブ設計の具体的手法
 ●講義5 パッシブ設計手法を駆使したゾーニングの練習
 ●講義6 ソフトを活用した省エネ計算演習


省エネについては…設計の際、コストとのバランスでいつも悩んでいることです。
予算があれば対応出来る確率は高くなりますが、予算の無い中での検討は辛いものがあります。

2020年までに対応すればイイかな~なんて漠然と思っていたのですが、実際に対応したいというお客様もいらっしゃいましたので、出来るだけ早い段階で対応する予定でおります。

今ある関連本も熟読しておきたいです。

~~~~~
3~4年程前から考えていたのですが、今後はある程度 リフォーム物件にもシフトして行こう と考えていて
既存住宅状況調査技術者講習 に申し込んであります。

不動産屋さんの売買に関しても、お力になれると思いますからね~♪
(実際には、いままでそういう知識が求められずに売買していた業界が不思議ではあります…。)

~~~~~
確認検査機関主催の KSクラブ というゼミナール (いろいろな講習会を受けられるサービス) にも登録し、積極的に勉強したいとも思っております。 (登録済)

あれもこれもあって大変ですが、キッチリ習得したいものです。


~~~~~
#浜松 #住宅 #新築 #リフォーム #見学会 #オープンハウス
kondo.jpg

★★★★★★★★★★★★ 建築を通して明るく楽しい未来を創造 ★★★★★★★★★★★★★

・オープンハウスの情報はコチラ ⇒ オープンハウス
・リフォーム相談はコチラ ⇒ 一級建築士による 『リフォーム相談』 開催中!

近建築設計室 一級建築士事務所 
〒432-8002 浜松市中区富塚町2259-10
TEL:053-571-5227 FAX:053-474-4690
携帯:080-5103-0850 (一級建築士 近藤正宏)
info@kon-arch.com
http://www.kon-arch.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

新聞に折り込みチラシを出してみました。

数年前に、チラシを入れたことがあります。

その時はデザイナーさんに作って頂いたモノを新聞屋さん経由で印刷して頂いたのですが、紙質が悪いのと元々の画像の色合いが悪いのとで、残念なモノとなってしまいました…。 そんなことがあり、しばらく広告というモノから遠ざかっていましたが、今回思い切って自分でデザインしてチラシを出してみたのです。

紙質や色合いも確認しましたよ。

★今朝の朝刊に入って来ました。 (※地元の知り合いの中日新聞配達店さんのみ)
20180612-01.jpg

★サイズが小さいので、超有名な 『杏林堂』 さんの前に入れてくれたみたいです (笑)
20180612-02.jpg

正直、自作なので恥ずかしい思いはあります。 でも、そのうち慣れると思う (爆)

建築で何か困りごとがあったら… 『コンさんにお願いしよう!』 ってなったら嬉しい!

身近な所でお役に立てる仕事が出来れば幸いと思っております。
リフォームの場合は地域密着型が好ましいので、今後は定期的に狭い範囲でチラシを入れて行こうと思っております。

~~~~~
※チラシの内容はコチラ一級建築士による 『リフォーム相談』 受付中!

【先着10名様】に特典付 (20180606)
本格的な 『民家再生』 から ちょっとした 『水廻りの改修』 まで、何なりとご相談下さい。

PHOTO
リフォームチラシの物件写真-1
リフォームチラシの物件写真-2

MENU
※木造、鉄骨造、RC造も対応可能です。
 ・中古住宅の購入についてのご相談
 ・住宅・マンションのリフォーム
 ・店舗のリフォーム
 ・建物のメンテナンス
 ・制震装置の設置
 ・RO浄水器の設置

【内部】
 ・間取りの変更
 ・子どもの成長に伴う子ども部屋の改修
 ・和室から洋室への模様替え
 ・玄関回りの改修
 ・床の補修
 ・内装クロスの貼替え
 ・住宅設備機器 (キッチン・バス・トイレ・洗面化粧台) の取替え
 ・断熱改修
 ・耐震・制震改修
 ・窓ガラスをシングルガラスからペアガラスへ変更
 ・畳の入替え
 ・手摺取付等介護のための改修

【外部】
 ・屋根の葺替え
 ・外壁の塗替え
 ・バルコニーの防水改修

【その他】
 ・民家再生
 ・太陽光発電工事
 ・防犯セキュリティー工事
 ・外構工事の御相談
 ・RO浄水器の設置

【業種】
 ・仮設工事
 ・基礎工事
 ・大工工事
 ・屋根工事
 ・板金工事
 ・樋工事
 ・瓦工事
 ・左官工事
 ・タイル工事
 ・塗装工事
 ・金属製建具工事
 ・木製建具工事
 ・内装工事
 ・畳工事
 ・電気設備工事
 ・給排水衛生工事
 ・住宅設備機器工事
 ・雑工事
 ・防水工事
 ・外構工事
 ・解体工事
 ・その他


~~~~~
#浜松 #住宅 #新築 #リフォーム #見学会 #オープンハウス
kondo.jpg

★★★★★★★★★★★★ 建築を通して明るく楽しい未来を創造 ★★★★★★★★★★★★★

・オープンハウスの情報はコチラ ⇒ オープンハウス
・リフォーム相談はコチラ ⇒ 一級建築士による 『リフォーム相談』 開催中!

近建築設計室 一級建築士事務所 
〒432-8002 浜松市中区富塚町2259-10
TEL:053-571-5227 FAX:053-474-4690
携帯:080-5103-0850 (一級建築士 近藤正宏)
info@kon-arch.com
http://www.kon-arch.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『ミニマムな片流れ屋根の家』 の完成写真を撮って頂きました。

★外観-1
fujitaa-1.jpg

★外観-2
fujitaa-2.jpg

★外観-3
fujitaa-3.jpg

★玄関
fujitaa-4.jpg

★デッキ
fujitaa-5.jpg

★玄関~ホール~階段
fujitaa-6.jpg

★LDK-1
fujitaa-7.jpg

★LDK-2
fujitaa-8.jpg

★LD
fujitaa-9.jpg

★LDK-3
fujitaa-10.jpg

★キッチン~客間
fujitaa-11.jpg

★客間-1
fujitaa-12.jpg

★客間-2
fujitaa-13.jpg

★1階手洗い場
fujitaa-14.jpg

★子供室-1
fujitaa-15.jpg

★子供室-2
fujitaa-16.jpg

★子供室-3
fujitaa-17.jpg

★主寝室
fujitaa-18.jpg

★2階ホール~階段
fujitaa-19.jpg

★洗面脱衣室~UB
fujitaa-20.jpg

~~~~~
HPにまとめました。
「simple & compact」 -02   天王 ミニマムな片流れ屋根の家

ついでに…それ以外の物件も、まとめました。

森町谷中 ロフトのある離れ家
20180604-01.jpg

牧之原 キッチン & お風呂のリフォーム
20180604-02.jpg

袋井高尾 ロフトの間仕切壁のリフォーム
20180604-03.jpg

西区桜台 間仕切り建具取付リフォーム
20180604-04.jpg


~~~~~
#浜松 #住宅 #新築 #リフォーム #見学会 #オープンハウス
kondo.jpg

★★★★★★★★★★★★ 建築を通して明るく楽しい未来を創造 ★★★★★★★★★★★★★

・オープンハウスの情報はコチラ ⇒ オープンハウス
・リフォーム相談はコチラ ⇒ 一級建築士による 『リフォーム相談』 開催中!

近建築設計室 一級建築士事務所 
〒432-8002 浜松市中区富塚町2259-10
TEL:053-571-5227 FAX:053-474-4690
携帯:080-5103-0850 (一級建築士 近藤正宏)
info@kon-arch.com
http://www.kon-arch.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

建築写真に小物持参で!

20180226fujita01_0.jpg

★先日、天王 ミニマムな片流れ屋根の家 の完成写真を建築写真のプロカメラマンであるMさんに撮って頂きました。
20180602-a1.jpg

★特殊なレンズを使用します。
20180602-a2.jpg

小物も持参してくださいました。

★小物-1
20180602-a3.jpg

★小物-2
20180602-a4.jpg

★小物-3
20180602-a5.jpg

完成写真ってなかなかタイミングが合わなくて、今まで撮れずに終わることが多々ありました。
というか、撮ることを意識していなかったことは否めません…。

自分自身の勝手な思い込みで…カーテンが付いて、ダイニングテーブルやソファ等の基本的な家具が揃った状態でないと上手く撮れないと思っていたのですが、『小物を持って行きますので、全く問題無く撮れますよ~!』 とのこと。

そうだったんですね~!

これからは撮影のハードルが少し下がった気がします。 基本的には撮って行きたいのですよ。


~~~~~
#浜松 #住宅 #新築 #リフォーム #見学会 #オープンハウス
kondo.jpg

★★★★★★★★★★★★ 建築を通して明るく楽しい未来を創造 ★★★★★★★★★★★★★

・オープンハウスの情報はコチラ ⇒ オープンハウス
・リフォーム相談はコチラ ⇒ 一級建築士による 『リフォーム相談』 開催中!

近建築設計室 一級建築士事務所 
〒432-8002 浜松市中区富塚町2259-10
TEL:053-571-5227 FAX:053-474-4690
携帯:080-5103-0850 (一級建築士 近藤正宏)
info@kon-arch.com
http://www.kon-arch.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★